セサミンの脳梗塞予防効果をチェック

セサミンはごまに含まれる成分で、肌のハリやシミをケアする働きがあります。エイジングケア分野ではメジャーな成分として知られていますが、脳梗塞の予防にも効果があるのでしょうか。ここでは、セサミンがもたらす効果効能について紹介しています。

セサミンとはどのような成分?

ごまに含まれるセサミンとはセサミンはごまに含まれるゴマリグナンというリグナン類の一種。
ごま以外にもサンショウの樹木の表皮やイチョウなどにも含まれています。セサミンは油に溶けやすい脂溶性物質なので、油脂類に溶かすことで効率的に摂取することが可能です。
ごま1粒に含まれるセサミンの量は1%と言われています。セサミンの1日の摂取目安量は8~10mgで、ごまでいうと約3,000粒分。通常の食品から摂ることができるため、安全性が高い成分として知られています。
またセサミンは1日で体外へ排出されてしまうため、継続して摂取し続けることが大切です。効率よく摂るためには、ごま油やすりごまなどがおすすめ。ただし、摂り過ぎると体に悪影響を与えてしまうおそれがあるので注意が必要です。

セサミンの効果効能一覧

セサミンは胃腸で分解されず、血液を肝臓へ運ぶ静脈である「門脈」で吸収されるため、肝臓に直接働きかける作用があります。
アルコールの分解を促進させて二日酔いや悪酔いを予防。アルコール代謝に必要な酵素の働きを高めることで、肝臓への負担を減らす効果も期待できます。
セサミンは体内に蓄積された脂肪を減らす酵素を活発化させる作用もあるため、コレステロール値や血圧を下げる効果も。
また、脂肪酸の一種であるα-リノレン酸をDHAに変化させる働きがあり、善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らしてくれます。血液改善の効果が期待できるので、脳梗塞や動脈硬化の予防につながるのです。
ほかにもセサミンは高い抗酸化力を持っており、物質を酸化させる活性酸素を減らします。脂質が酸化することで発生する過酸化脂質は、老化やがんを発症させる原因のひとつ。セサミンの抗酸化作用は老化やがん予防にも期待できると飲み続ける方が多くいます。

血液中のコレステロールを減らす効果

コレステロールは体の細胞膜やホルモンを構成するために必要な成分。
コレステロールが作られるのは肝臓ですが、肝機能が弱まっていると血液中の悪玉コレステロールが増加していくのです。セサミンにはその悪玉コレステロールを減らす効果があります。
ビールや清涼飲料水の製造・販売を行っているサントリーは、セサミンには悪玉コレステロールを低下させる効果があることを研究結果により確認。
高コレステロール食を摂るグループを2つに分け、一方のグループにはセサミンとビタミンEも一緒に摂取する研究を実施しました。その結果、セサミンも一緒に摂ったグループには悪玉コレステロールの減少が顕著に見られたそうです。
この成果は日本動脈硬化学会でも発表されています。

高血圧の予防効果

セサミンには高い抗酸化作用があり、体内に蓄積された活性酸素を除去する働きがあります。活性酸素は血管の老化を促進させる酸素。セサミンが持つ抗酸化作用により血管の老化を防ぐことで、高血圧の予防効果に繋がるのです。
「サントリー健康科学研究所」が行った実験ではセサミンに高血圧の予防効果があったと論文で発表しています。食塩を与えたラットにセサミンを摂取させる実験を実施。摂取後は血圧が下がり、高血圧の改善が見られたそう。また、高血圧を発症する前からセサミンを投与していたラットには、血圧が上昇しづらくなることも証明されています。

抗酸化作用

身体本来が持つ抗酸化力は加齢とともに低下していくものですが、食べ物で補うことが可能。抗酸化力を補える食べ物の中でもとくに注目されているのがセサミンです。セサミンはごま1粒に1%未満しか含まれていませんが、高い抗酸化パワーを持つ成分。活性酸素を除去したり肝機能をサポートしたりする働きがあります。
老化やがんの原因となる過酸化脂質は、脂質が酸化することで発生する物質。セサミンが持つ抗酸化力により物質を酸化させる活性酸素を抑制することで、老化やがん防止に繋がります。
活性酸素が発生しやすいのが肝臓です。抗酸化成分には体内に吸収されにくいものや、肝臓に行き届く前に分解されるものが多くあります。ですが、セサミンは胃腸で分解されずに肝臓まで届いてから高い抗酸化力を発揮。活性酸素をしっかり除去することが確認されています。

疲労回復効果

「疲れがとれない」「やる気が出ない」といった疲労感は、体調や気分によって左右されるもの。原因としてあげられるのが、酸化によって発生する有害な作用の酸化ストレスです。
物質を酸化させる働きがある活性酸素が深く関わっており、疲労感に繋がるといわれています。セサミンにはそんな疲労感を回復させる作用があり、サントリーが行った実験によって効果が確認されたそうです。
疲労を感じる324人を対象にセサミンを摂取するグループと摂取しないグループで比較。その結果、セサミンを摂取したグループには疲労感、睡眠といったさまざまな項目で改善が見られました。とくに寝つき・眠り・髪のツヤやハリ・目の疲れにおいて高い効果を確認。
この実験の成果は論文でも発表され、世界中から注目を集めています。

セサミンを摂るとなぜ脳梗塞が予防できるのか

セサミンの効果的な取り入れ方脳梗塞を発症する原因のひとつに動脈硬化があげられます。
動脈硬化とは、血中の悪玉コレステロールの増加によって血管が硬くなり、血流が悪くなること。セサミンが持つ強い抗酸化パワーにより、悪玉コレステロールの増加を促進させる活性酸素を除去する働きがあります。
血中の悪玉コレステロールが減少して血行が良くなることで動脈硬化の発症を防ぎ、結果的に脳梗塞の予防に繋がるのです。また、高血圧も脳梗塞を引き起こす原因のひとつ。
セサミンには体内に溜まった脂肪を減らしてくれる酵素に働きかける作用もあるため、血圧を下げる効果が期待できます。動脈硬化と同様に高血圧を予防することで、脳梗塞の発症予防につながるのです。
脳梗塞を予防するためにも、セサミンが含まれるごまを積極的に食べましょう。効率よく摂取するには、ごま油やすりごまなどがおすすめ。「ごまが食べられない」「ごまはどうしても苦手」という方はサプリメントで補うのがおすすめです。ごまに含まれるセサミンは脳梗塞だけでなく、さまざまな病気予防のサポートもしてくれます。詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献

■特集2:注目の血液サラサラ成分・酵素とは≫≫