くも膜下出血とは

脳梗塞の関連病であるくも膜下出血とは?知っておきたい脳梗塞との違いや治療法、原因などをまとめています。

くも膜下出血と脳梗塞の関連性とは

くも膜下出血と脳梗塞の関連性とは

日本人が発症する病気・症状として、よく耳にする「くも膜下出血」。

脳の血管に関係する病気であることは、多くの方がご存知だと思います。

まずは、脳梗塞との違いについて解説します。

脳梗塞もくも膜下出血も「脳卒中」の種類のひとつです。脳卒中には、「血管が詰まる」ものと、「血管が破れる」のものの、2つのタイプがあります。

くも膜下出血は、血管が破けることで起きる症状。脳梗塞は、血管が詰まることで起きる症状です。

くも膜下出血の原因とは

くも膜下出血の原因のほとんどが、「脳動脈瘤」という血管にできるこぶです。健康な人間が突然、発症する病気ではなく、脳の血管にもともと異常があるケースがほとんど。

自覚症状が出ないことが多いので、突然死とされることもありますが、本人が気づかないうちに異常が発生しており、その部分が破裂することで、発症します。

50〜60代、男性よりも女性の発症が2倍近く多いといわれています。

くも膜下出血の治療法

くも膜下出血の治療でもっとも重要なのは、再破裂の防止です。

というのも、くも膜下出血を発症した人の約20%程度が再破裂するとされています。発症から6時間がもっとも多く、徐々に破裂する確率は低下します。再破裂は、くも膜下出血の死因となる最大の原因です。

治療法としては、ネッククリッピングという手術が主流。

全身麻酔を行い、頭蓋を開けて直接脳動脈瘤を取り出し、動脈瘤が出ている部分を金属のクリップではさみ、動脈瘤に血液が流れないようにする方法です。

軽度のくも膜下出血は、この手術法ではない場合もあります。

くも膜下出血の予防法

くも膜下出血を予防するためには、以下の点を心掛けましょう。

  • 血圧…血圧を日常的に測るなど、日ごろから数値の変化に注意しましょう。乱高下などの大きな変化があった場合は、迷わずにすぐ病院へ。
  • 食事…味噌汁や漬け物、塩蔵食品などの摂りすぎに注意しましょう。外食はとくに、調理になにを使用しているかわかりづらいので、メニュー選びに工夫を。塩分の排出を促す、ほうれん草やサツマイモなどの野菜を中心としたメニューがおすすめです。また、過剰な飲酒は高血圧の原因となるのでご注意を。
  • 禁煙…煙草も血圧を上げる原因となります。1日40本以上喫煙する人はリスクが高いといわれています。

脳梗塞の予防に重要なポイント

脳梗塞を予防するためには、危険因子である高血圧・糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病を防ぐことが、もっとも大事なポイントのひとつ。そのためには、栄養バランスのとれた食生活が必須です。

手軽に、バランスよく栄養を補給するには、健康食品やサプリメントを利用するのもおすすめ。このサイトでは、脳梗塞予防に役立つとされる健康食品・サプリメントの含有成分を紹介していますので、参考にしてください。

脳梗塞の予防に取り入れられる
健康食品・サプリメントの成分まとめ