わかりやすい脳梗塞の予防ガイド

わかりやすい脳梗塞の予防ガイド

脳梗塞の治療・リハビリ・再発防止のためのサイト

脳梗塞の予防ガイド HOME » 脳梗塞の後遺症を乗り越えるリハビリの流れ » リハビリ体験談

リハビリ体験談

脳梗塞を発症すると、半身麻痺や言語障害が残りやすく、その後の生活に支障をきたします。そんな障害をリハビリで乗り越えた経験を持つ方の貴重な体験談を紹介しましょう。

寝たきりの状態を回避できた!(Yさん・75歳・男性)

突然倒れて病院に運ばれ、脳幹からの出血があることが分かりました。どうにか命はとりとめたものの、言語障害や意識障害が残るかもしれないこと、嚥下すらできなくなるかもしれない、と医師から告げられたのです。

意識が混濁してろれつが回らない状態でも、元気になると強く思った私と妻は、治療とリハビリを開始。必死でリハビリを行ったところ、1週間後には言葉が徐々に出るようになり、麻痺して冷え切っていた右側の手足にぬくもりが戻ってきました。

1ヶ月後には、なんと1人でトイレに行けるまでに回復。現在は、右半身の麻痺が残っているものの、杖を使って1人で歩けますし、言語障害もなくなりました。

血圧も正常に戻った!(Nさん・72歳・男性)

健康診断で糖尿病と指摘され、血圧も高めで200を超えるほどでした。外出先から帰宅した途端に倒れ、脳梗塞を発症。右半身に麻痺が残りました。

発症から1ヶ月過ぎても体が動かせず、ベットから起き上がることすらできなかったのですが、少しずつ体が動くようになり、リハビリを開始しました。

開始して4日目で起き上がることができるようになって、1週間後には杖をついて歩けるほどに回復。3ヶ月経ったころには、身の回りのことが自分でできるまでになりました。

退院する時には、血糖値も血圧も正常に戻り、通常の生活を取り戻しています。

麻痺した手足に力が入るようになった!(Dさん・69歳・女性)

私が脳梗塞を発症したのは3年前。自宅のトイレで倒れ、そのまま家で5時間ほど横になったのですが回復せず、病院へ行ったところ脳梗塞と分かりました。

2ヶ月入院してリハビリを行いましたが、左半身に麻痺が残り、自宅へ戻っても身の回りのことが全くできずにいました。酵素のサプリメントを紹介してもらって飲み始めたら、1ヶ月ほどして手足の冷えが改善され、麻痺していた左足の裏に力が入るようになってきたのです。

少しずつ動くようになるのが嬉しくて、リハビリにも熱心に取り組め、2ヶ月経つころには補装具を付けずに歩けるようになりました。手足のしびれも消え、1人で買い物へ出かけられるほどに回復しました。

心筋梗塞と脳梗塞を克服!(Hさん・62歳・女性)

10年ほど前に心筋梗塞を発症し、その翌年にカテーテル治療を受けたところ、血栓が脳に飛んで脳梗塞を発症してしまいました。後遺症で左半身に麻痺が残り、車いす生活に。身の回りのことすべてを人にお願いしなければならず、苦しい日々を過ごしていました。

そんなある日、麻痺した足をマッサージされて初めて痛いと感じたのです。嬉しくなってリハビリを積極的に行い、2週間ほどで車いすから立ち上がることができました。

料理や掃除などの家事もできるようになり、信じられません。5年も車いすで生活していたとは思えないとよく言われます。

2度の脳梗塞も乗り越えた!(Iさん・71歳・男性)

初めて脳梗塞を発症したのは10年前ですが、その時は軽いものだったので後遺症もなく回復しました。よもや再発するとは思わず、とくに生活改善もせずに過ごしていたところ、数年前に2度目の脳梗塞を起こしてしまったのです。

一命はとりとめましたが左半身には麻痺が残りました。社会復帰は無理と言われて精神的にも落ち込み、ふさぎ込む私を心配した友人から、酵素のサプリメントを薦められました。

サプリを飲み始めてからすぐに、麻痺していた左足が温かく感じるようになり、少しずつ動くように。3ヶ月後には1人で歩けるまでに回復し、会社にも復帰しました。この回復ぶりは、私自身も家族も、医師も驚いているほどです。

脳梗塞の予防に重要なポイント

脳梗塞を予防するためには、危険因子である高血圧・糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病を防ぐことが、もっとも大事なポイントのひとつ。そのためには、栄養バランスのとれた食生活が必須です。

手軽に、バランスよく栄養を補給するには、健康食品やサプリメントを利用するのもおすすめ。このサイトでは、脳梗塞予防に役立つとされる健康食品・サプリメントの含有成分を紹介していますので、参考にしてください。

脳梗塞の予防に取り入れられる
健康食品・サプリメントの成分まとめ

 
このサイトは、管理人が独自に調べた情報をもとに制作しています(2017年7月時点)。
健康食品などの情報は、必ず公式ホームページなどで確認するようにしてください。
また、脳梗塞の予防や治療については、医師の指示に従ってください。

わかりやすい脳梗塞の予防ガイド