アリシンの脳梗塞予防効果をチェック

アリシンは玉ねぎやにんにくなどに含まれるイオウ化合物です。疲労回復や殺菌効果に加え、血液をサラサラ、キレイにしてくれる成分としてよく知られている有効成分です。さらにいくつもの権衡効果が認められていますので、改めてここでアリシン、そしてその前駆物質であるアリインについても勉強しておきましょう。

アリシンとはどのような成分?

アリシンは強いニオイを持つイオウ化合物の一種。主にたまねぎやにんにくといったユリ科の野菜や、大根・わさびなどアブラナ科の野菜に含まれている成分です。
にんにくには特に多く含まれており、にんにくが持つ特有の匂いはアリシンによるもの。劣化するまでの時間が短いため、新鮮であればあるほど独特な香りを放つ特性があります。

アリシンは生の食品を加熱・刻む・潰すことによって、アリインという物質が分解されることでつくられる成分。細かく刻むほどより多くのアリシンを発生させることができるのです。
生のにんにくは食べすぎると腹痛や貧血を起こすおそれがあるので、1日1片を目安にすると◎。加熱する場合は2~3片ぐらいが適量です。

アリシンの効果効能一覧

アリシンがビタミンB1と結合すると、アリミチンというビタミンB1の成分に変化します。ビタミンB1は水溶性のため、体内で使われなければ尿と一緒に排出されるのが普通。ですがアリチミンは血液中に長くとどまるため、ビタミンB1が排出されにくくなるのです。

ビタミンB1は体内で糖質をエネルギーへ変換する働きがあります。そのため、アリチミンが長くとどまることでエネルギー代謝が促進され、疲労を回復させる作用があるのです。

また、アリシンが変化したアホエンには強力な殺菌作用があります。コレラ菌・サルモネラ菌・ぶどう球菌・赤痢菌・チフス菌といった多くの細菌の増殖を抑制する作用があることが確認されています。
ほかにも、免疫細胞のひとつであるナチュラル・キラー細胞の働きを促進させる作用があるのも確認されているそうです。

アメリカのフロリダ研究者たちが行った実験では、アリシンを摂取したグループと摂取しなかったグループで分けてナチュラル・キラー細胞の働きを比較。それぞれのグループの血液にがん細胞を混ぜたところ、摂取したグループの方が140~160%も多くのがん細胞を破壊したという結果が出ました。

血流改善効果

血液がドロドロになる要因として挙げられるのが「中性脂肪」「悪玉コレステロール」「血栓」など。現代の食事には中性脂肪やコレステロールを含む食品が多く、栄養バランスを考えないと血管内に脂質が溜まりやすくなり、血行が悪くなるのです。

アリシンは善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす作用があるので、血液改善効果があります。
また、アリシンを含むイオウ化合物は血液が固まりやすくなるのをおさえ、血栓がつくられることを防止。血液の血行がよくなります。血栓を予防することで、脳梗塞や動脈硬化の予防にもつながるのです。

血糖値の上昇抑制効果

血糖値は血液中に含まれるブドウ糖の濃度のこと。血糖値が高くなると、糖尿病を引き起こすおそれがあります。
糖尿病は生活習慣病のひとつで、ブドウ糖が有効に使われずに血液中に残ってしまい、血糖値が高くなっている状態。悪化すると合併症や動脈硬化を引き起こしてしまいます。

アリシンには血糖値の上昇を抑える作用があるため、糖尿病の予防に効果が期待できる成分。血糖のバランスをコントロールする役割があるインスリンというホルモンの分泌を促し、血糖値の上昇を抑えてくれます。

抗ウイルス・抗菌作用

アリシンには抗菌作用があり、サルモネラ菌・チフス菌・コレラ菌といったさまざまな病原菌の増殖を抑え、体を守る働きがあります。昔は食中毒を防ぐための薬味としても利用されていたそう。

アリシンは抗酸化力も持っているため、たんぱく質や脂質などが酸素によって酸化されるのを防ぐ働きがあります。ストレス・喫煙・紫外線などが原因で増えるといわれる活性酸素を抑え、生活習慣病の予防にも効果あり。

また、アリシンにはウイルスの増殖を抑制する効果もあるため、風邪予防にも役立つといわれています。古典文学の源氏物語にも、アリシンを含むにんにくが風邪薬として使われていたという記述があるのだとか。

疲労回復効果

にんにくは疲労回復や、スタミナアップ効果があるといわれていますが、それはアリシンの働きによるもの。アリシンは糖の代謝を促す作用があり、ビタミンB1と結合してビタミンB1が持つ効果を持続させます。

ビタミンB1は疲労回復に必要な成分。不足すると動悸や息切れといった症状が見られるようになります。近年、加工食品や清涼飲料などを中心とした食生活が根付くようになり、ビタミンB1が不足しやすい時代です。
だからといってビタミンB1を摂り過ぎると、体外に排出されてしまいます。ですがアリシンはビタミンB1と結びつくことで体内に長い時間とどまらせる働きがあり、疲労回復の効果を持続させることが可能なのです。

アリシンを摂るとなぜ脳梗塞が予防できるのか

脳梗塞を引き起こす原因に動脈硬化があります。動脈硬化とは、コレステロールの増加によって血管が厚く硬くなり、血流の流れが悪くなっている状態のこと。
アリシンには血液が固まりやすくなるのを防ぎ、血栓がつくられないようにする効果があります。血行が良くなることで動脈硬化の防止になり、結果的に脳梗塞が予防できることに繋がるのです。

アリシンは生の食品を加熱・刻む・潰すことでアリインという物質が分解され、つくられる成分。アリシンを効率よく摂取するためには、細かく刻むなどの下ごしらえをするほうが良いと思います。ただ、アリシンの前駆物質であるアリインにも血液サラサラ効果があるため、アリインを摂りたい場合はそのまま酢漬けにするなどして食べると良いでしょう。

アリシンを摂取するのにおすすめの食品がにんにくやたまねぎ、長ネギ、にらなど。特ににんにくはアリシンが豊富に含まれている食品です。もしもにんにく特有のニオイが苦手な場合は、加熱することで緩和されます。アリインをアリシンに変える酵素は熱に弱く水に溶け出す性質をもっているため、あまり長く調理すると有効成分のアリシンが消えてしまうので注意が必要です。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献

■特集2:注目の血液サラサラ成分・酵素とは≫≫