わかりやすい脳梗塞の予防ガイド

わかりやすい脳梗塞の予防ガイド

脳梗塞の治療・リハビリ・再発防止のためのサイト

脳梗塞の予防ガイド HOME » 特集1:血液をサラサラにする効果が期待できる成分リスト » DHA・EPA

DHA・EPA

DHA・EPAの持つ血液サラサラ効果が、脳梗塞の予防に繋がる理由を調査しました。

その他にも期待できる健康効果や上手な摂取方法、日常生活に取り入れている方からの口コミにも注目して。

血液をサラサラにするDHA・EPAの特徴

DHA・EPAの効果DHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコペンタエン酸)は、身体の代謝過程で働く必須脂肪酸。必須脂肪酸が不足すると不調や病気の原因となりますが、体内では合成できないため食物などから摂取する必要があります。

必須脂肪酸の中でも、DHA・EPAは脳や神経細胞などの重要な部分を構成する成分。不足するとこれらの臓器に影響を及ぼす恐れがあるため、十分な量を摂取する必要があります。

サバ・イワシ・さんま・マグロなどの青魚に多く含まれますが、食生活の変化から年々日本人の摂取量は減少。健康を維持するためにも、積極的に摂りたい成分です。

■DHA・EPAの血液に対する効果
DHAには悪玉コレステロール値の上昇や中性脂肪を低下させる作用があり、血液をサラサラにして血管の柔軟性を保つ働きを持ちます。
一方、EPAには血小板が凝固するのを抑制する作用があり、血栓ができるのを防いでくれます。動脈硬化・血管の老化・血栓形成を防ぐことは脳梗塞の発症リスク軽減に繋がるため、DHA・EPAは合わせて摂取することが推奨されます。

■運動能力の向上
DHA・EPAには運動能力を高める働きがあると言われています。摂取することで血流が改善されると細胞への酸素・栄養の供給量がアップ。また、筋肉中に蓄積される疲労物質(乳酸)を速やかに排出できるようになるため疲労が残りにくくなり、運動に適した身体づくりが実現するのです。

■認知症に対する効果
DHAは傷ついた脳神経細胞を修復し、正常な神経細胞の働きをサポートするという働きを持っています。そのため、認知症の予防・改善にも効果アリと言われているのが特徴。認知症患者がDHAを摂取したところ、認知機能低下の抑制や計算・判断力が高まったという研究結果も報告されています。

DHA・EPAの効果的な摂取方法

DHA・EPAの摂取方法DHA・EPAは、サバ・アジ・イワシ・マグロなどの青魚に多く含まれています。

摂取量の目安は、DHA・EPA合わせて1日1~2g。DHAを1g摂取できるのは、マグロ中トロ4~5切れ・イワシ1匹・アジの開き1匹などの食材です。

しかし、干し魚は塩分が高いこともありますし、魚を毎日食卓に上げるのは難しいケースもあります。そんなときは、不足分をサプリメントや健康食品で補うとよいでしょう。

利用者からの口コミをチェック!

魚が健康にいいと言われてもなかなか毎日は難しいので、DHAサプリを試してみることに。飲み始めてしばらく経つと頭がスッキリした感じになり、気になっていたもの忘れも少なくなってきました。思った以上に効果がありそうなので、今後も継続していこうと思います。

魚から必要量のDNAを摂るのはとても無理なので、サプリメントを飲んでいます。1週間くらいで1日の終わりに感じていた疲労感が軽減し、朝起きるのも楽になりました。眼精疲労も良くなってきた感じ。

脳卒中の再発予防のためにDHAを摂取しています。血液への効果はまだ分かりませんが、健康状態はとても安定していますね。記憶力も良くなってきたようで、ちょっぴり若さを取り戻せた気になれて嬉しいです。

■特集2:注目の血液サラサラ成分・酵素とは≫≫

 
このサイトは、管理人が独自に調べた情報をもとに制作しています(2017年7月時点)。
健康食品などの情報は、必ず公式ホームページなどで確認するようにしてください。
また、脳梗塞の予防や治療については、医師の指示に従ってください。

わかりやすい脳梗塞の予防ガイド