脳梗塞の予防&再発予防ガイド » 特集1:血液をサラサラにする効果が期待できる成分リスト » DHA・EPA(オメガ3脂肪酸)の脳梗塞予防効果をチェック

DHA・EPA(オメガ3脂肪酸)の脳梗塞予防効果をチェック

DHA・EPAといえば青魚を思い出す人が多いと思いますが、最近では中高年向けのサプリとして注目されている成分です。
EPAは血液を健康に保ち、動脈硬化や脳梗塞などを予防する効果が期待できます。DHAは脳や網膜といった神経系に豊富に含まれる成分。そのほかにもDHA・EPAがもたらす効果について紹介していきましょう。

DHA・EPAとはどのような成分?

DHAは「ドコサヘキサエン酸」の略称で、体内でほとんど作ることができない必須脂肪酸の一種。いわしやサバといった青魚に多く含まれています。

EPAは「エイコサペンタエン酸」の略称で、DHAと同様に青魚に多く含まれている成分です。鮮度がよくて脂ののった魚には、よりたくさんのEPAが含有。魚の油にはDHA・EPAの両方が含まれています。
研究面からみると、EPAはほぼ100%濃度の医薬品で研究が重ねられてきたので、人間が摂取するとどうなるのかはっきりとわかります。

一方DHAは100%濃度のものを人間が食べたという研究がほとんどありません。そのため、EPAは血液や血管の健康をもたらす効果があるとわかっていますが、DHAは脳や神経に存在するということしか言えないのが現状です。
今の時点では、からだができあがった成人にはEPA、脳が形成される成長期の幼児にはDHAという勧め方になっています。

DHA・EPAの効果効能一覧

DHAと聞くと「記憶力アップや学習に効果的」といったイメージを持つ方も多いでしょう。
1989年にイギリスのマイケル・クロフォード教授が「日本人のこどもの知能指数が高い理由は、昔から魚をたくさん食べてきたから」という発表をしたことがキッカケで、学習に効果的というイメージがつくように。マイケル・クロフォード教授の発表以来、DHAの注目度は一気に高まりました。
各国で臨床試験が繰り返し行われ、さまざまな効果が明らかに。今では中性脂肪やコレステロールの低下に加え、アトピーやアレルギーにも効果があることが認められている成分です。

一方EPAには血栓をつくらせない働きがあり、心筋梗塞や脳梗塞など生活習慣病の予防・改善効果があります。善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減少させる作用もあるので、血液をサラサラにしてくれる効果も。
EPAは医療の分野でも利用されており、アミノ酸の一種であるアルギニンと一緒に投与することで、術後の傷を治す機能が促進するという報告もあがっています。

中性脂肪低下作用

必須脂肪酸のEPA・DHAには中性脂肪値を下げる働きがあります。食事で摂取した余分なエネルギーが肝臓で中性脂肪に合成されて、肝臓や脂肪細胞が過剰に蓄積。
中性脂肪は生命維持に欠かせないエネルギー源ですが、増えすぎてしまうと血液中の善玉コレステロールを減らしてしまいます。これを防いでくれるのがEPAやDHAです。

ではなぜEPA・DHAを摂取することで、中性脂肪を減らせるのでしょうか?それは摂取することで得られる3つの働きに秘密があります。

1つめの作用は、肝臓内で脂質に働きかけることで脂肪になるのを抑制。2つめは脂肪の成分である「脂肪酸」を分解します。3つめが、血管内の中性脂肪の分解効果を向上させる働きです。EPAを摂取すれば、これらの作用が相乗的に働くことで中性脂肪を効果的に減少させてくれます。

心筋梗塞・脳梗塞予防効果

EPAは「中性脂肪を低下」「動脈硬化を予防」「血液凝固を抑制」する効果があるため、心筋梗塞と脳梗塞の予防に繋がります。日本で実施されたEPAの長期摂取試験の結果が2005年に心臓病大国のアメリカで発表されました。

血液の総コレステロール値が250mg/dL以上の数値を示す高脂血症の人で、コレステロール下降剤を飲んでいる約2万人を対象に実験を行ないました。
半数の約1万人にはEPAを毎日継続して薬と一緒に併用してもらい、EPAを併用しない半数との心臓病の発生率の違いを5年間追跡。結果はコレステロール下降剤のみを飲んでいた人と比較して心臓病の発生率が19%も低減しました。

また、カナダ北部に氷雪地帯に住むイヌイット族は、主食であるアザラシに青魚に由来するEPAが含まれているため、心筋梗塞の死亡率が低いのがわかっています。

動脈硬化を防ぐ作用

血管年齢を若く保ち動脈硬化を予防してくれるEPA。血管内にはコレステロールや中性脂肪などの脂質を複合体粒子であるリポタンパクが血管内に流れています。それらを老廃物を処理するマクロファージ(貪食細胞)という細胞が処理してくれるのですが、同時に老廃物も蓄積。老廃物のある部分が盛り上がり血管を狭くします。これが動脈硬化の原因です。

欧米化にともない肉中心の食事が増え、日本人のEPA不足が深刻化しています。現に「動脈硬化性疾患」の死亡率(10万人あたり)は1950年に9.9%だったのに対し、1980年には42%まで上昇しています。
年々動脈硬化で血管が詰まるリスクが上昇しており、心臓病や脳梗塞で命を落とす人が増えているのは確かです。EPAを積極的に摂取することで、動脈硬化の予防に繋がります。

コレステロール低下作用

EPAには、血液中に存在する血中脂質(コレステロールや中性脂肪)低下作用が認められています。また血液に含まれる血小板という細胞成分の一種の働きを抑制してくれる効果も。血小板には血管が損傷した際に修復するという重要な役割を持っています。

一方でコレステロールや糖と結びつくことで性質が変化し、血管内に血栓を作り出してしまうとのこと。血管内に血栓ができやすい状態になると、心筋梗塞や脳梗塞に繋がります。

EPAを積極的に摂取すれば、血液中のコレステロールを低下させ、血小板を抑制することで血液を健康に保つことができるのです。体質改善をするためには毎日の摂取が重要なので、継続して摂れるように心がけましょう。

DHA・EPAを摂るとなぜ脳梗塞が予防できるのか

心筋梗塞や脳梗塞の発症は、「血液がドロドロになる」「血管が硬くなる」ことが原因です。DHAやEPAには血液をさらさらに保ち、血管を柔らかくする効果があります。

アザラシが主食のイヌイット人は、血液中にDHAやEPAが豊富に含まれていることがわかっています。そんなイヌイット人の心筋梗塞の発症率は3%程度しかいないそうです。

日本でも2006年に厚生労働省が「魚食と心疾患の関係」の研究結果を報告しました。11年間40~59歳の男女約4万人を対象に追跡調査をした結果、魚をたくさん食べるグループは、少ないグループと比較すると心疾患のリスクが約40%低かったそうです。摂取量が多いグループは少ないグループに比べて心疾患のリスクは40%以上低いという結果が出ました。

また、脳梗塞や脳卒中のリスクも下げるとの報告が出ています。厚生労働省は30代以上の男女約9000人に、24年間追跡調査を実施。1日当たりのDHA・EPA摂取量の多いグループは、少ないグループと比べて脳梗塞や脳卒中での死亡リスクが20%低いことが分かっています。

心筋梗塞や脳梗塞を予防するためにも魚を積極的に食べましょう。「あまり魚を食べられない」「魚はどうしても苦手」という方はサプリメントでDHAやEPAを補うのがおすすめです。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献

■特集2:注目の血液サラサラ成分・酵素とは≫≫