イソフラボンの脳梗塞予防効果をチェック

イソフラボンは女性ホルモンに似た働きがあり、美容や骨粗しょう症予防が期待できる成分です。女性の味方という印象がありますが、実際はどういった効果をもたらす成分なのでしょうか。ここではイソフラボンの効果効能について解説しています。

イソフラボンとはどのような成分?

大豆イソフラボンの効果イソフラボンは主に大豆や葛(くず)といったマメ科の植物から摂れるポリフェノールの一種です。
さまざまな種類があり、大豆に含まれるイソフラボンは「ゲニステイン」「ダイゼイン」と呼ばれているそう。大豆を原料とする加工食品にはほとんどイソフラボンが含まれています。イソフラボンの特徴としてあげられるのが、女性ホルモンの「エストロゲン」と似た働きをもっていること。
エストロゲンは美しい肌や丈夫な骨をつくるうえで欠かせません。更年期と言われる40~60歳前後の女性はエストロゲンの分泌量が減少するため、イソフラボンを意識して摂取することが大切です。
イソフラボンの1日の摂取目安量は40~50mgで納豆なら60g(1パック分)、豆腐なら150g(半丁)が目安になります。大豆由来のイソフラボンを摂取する際、大豆アレルギーを持つ方は注意が必要です。また、妊娠中や授乳中の女性はホルモンバランスが崩れるおそれがあるので、イソフラボンの摂取には注意しましょう。

イソフラボンの効果効能一覧

大豆食品に含まれるイソフラボンは、さまざまな成分と糖が結合した「配糖体」です。
体内に摂取されると腸内で糖とアグリコンという形に分解されて体内へ吸収。糖部分が分離したイソフラボンを「アグリコン型」と言い、アグリコン型イソフラボンには更年期症状でみられる「ほてリ」を緩和する働きがあります。
「日本人間ドッグ学会誌」によると、更年期障害の症状がある14人の女性を対象にアグリコン型イソフラボンを摂取してもらった結果、更年期障害をやわらげる作用が確認されました。
その中でも顔のほてりが目立つ女性11人に対しては、摂取してから2ヵ月経過した頃に顔のほてりの減少が証明されたそうです。
そのほかにも耳鳴りやめまいなどの改善も確認されており、更年期障害にみられるさまざまな症状に緩和効果をもたらします。
また、イソフラボンは肌の老化を防止する効果もあるといわれており、弾力のある肌をつくるために重要なエストロゲンと似た働きを持つ成分。そのため、化粧品や美容サプリメントにも活用されています。

血流改善効果

冷え性や肩こりといった身体の不調を引き起こす原因のひとつが血行不良です。イソフラボンには血液をサラサラにする働きがあり、血流改善効果が期待できます。イソフラボンは血小板が集まって固まる凝集を抑制する作用があり、血管の中で血液が固まる「血栓」を防止。血をドロドロにする原因のひとつである血栓を防止することで、血流を改善します。
「ヘモレオロジー研究会誌」によると、9名の方にイソフラボンを80mg摂取してもらった結果、9名全員に血流改善の効果が見られたそうです。
アグリコン型イソフラボンは2時間程度で体内へ吸収されるため、摂取してから2時間後には血液サラサラの効果があらわれます。

メタボリックシンドローム予防効果

メタボリックシンドロームは「内臓脂肪症候群」とも呼ばれており、さまざまな生活習慣病を引き起こすおそれがあります。食生活の改善や適度な運動などがメタボリックシンドロームを予防するのに大切ですが、更年期にさしかかる女性はとくに注意が必要です。40~60歳前後の女性は女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減少します。エストロゲンの減少によってコレステロール値が上昇するだけでなく、中性脂肪も増加することでメタボリックシンドロームになりやすくなるのです。イソフラボンにはそんなメタボリックシンドロームを予防する効果があるといわれています。
「日本東方医学会」の資料によると、40~60歳の女性24名を対象にイソフラボンを摂取してもらった結果、コレステロール値や体脂肪率の低下が確認されたそうです。

糖尿病予防効果

糖尿病は1型と2型に分けられ、イソフラボンは2型糖尿病に効果があるといわれています。厚生労働省の研究班は、イソフラボンを多く摂取した女性は2型糖尿病を発症させるリスクが低下するという研究結果を発表。40~69歳の男女約6万人を対象に、イソフラボンの摂取と2型糖尿病発症の関連についての調査を5年間行いました。5年間で2型糖尿病を発症したのは男性が634人、女性が480人という結果に。
イソフラボンを摂取することで糖尿病発症を抑えるといった明らかな関連は男女共に見られませんでした。しかし、摂取量の多さで5つのグループに分類すると、女性では摂取量が多いグループの方がもっとも少なかったグループに比べて、糖尿病の発症リスクが低いという結果が報告されています。

抗がん作用(前立腺がん)

イソフラボンは女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きを持っています。血中のテストステロンの低下や発がんの原因となるチロシンキナーゼを阻害することで、前立腺がんの予防に繋がるのです。「多目的コホート研究(JPHC研究)」からも、イソフラボンの摂取により前立腺がんを予防できるという報告があがっています。ただし、予防できるのは前立腺内にとどまる限局がんだけで、前立腺を超えて広がる進行がんや転移がんには効果が見られないそうです。
イソフラボンは限局がんから進行がんになるまでの期間を遅らせる働きがあると考えられています。

イソフラボンを摂るとなぜ脳梗塞が予防できるのか

イソフラボンは循環器疾患のリスクを低下させるといわれていますが、詳細についてはわかっておりません。
ですが「多目的コホート研究」が行った研究では、女性にだけはイソフラボン摂取による脳梗塞の予防の可能性が確認されました。
40~59歳の男女約4万人を対象に、大豆の摂取量によって3つのグループに分けて脳梗塞・心筋梗塞との関連を調査。大豆を週に0~2日摂取する女性グループよりも、週に5日以上摂取した女性グループのほうが、脳梗塞と心筋梗塞の発症リスクが低いことが確認されたそうです。また、閉経前と閉経後のグループに分けて調べると、閉経後の女性でイソフラボンの摂取が多いほど脳梗塞・心筋梗塞の発症リスクが低いという結果も出ています。脳梗塞や心筋梗塞以外にも、循環器疾患による死亡リスクも低くなったことも確認されたそう。
この研究結果から、女性はイソフラボンを積極的に摂ることで脳梗塞や心筋梗塞を予防できる可能性があることがわかりました。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献

>■特集2:注目の血液サラサラ成分・酵素とは≫≫