脳梗塞の予防ガイド HOME » 脳梗塞の後遺症を乗り越えるリハビリの流れ

脳梗塞の後遺症を乗り越えるリハビリの流れ

脳梗塞を発症した方が、必ず通らなければならない道。それがダメージを受けた体の機能回復を目指して行うリハビリテーションです。

脳梗塞の治療を行いながら集中治療室で始められ、退院後まで続く長い道のりですが、リハビリが上手く進むか進まないかが、その後の生活の質を左右する重要なポイントになっていきます。

このページでは、脳梗塞発症後のリハビリテーションについて基礎知識から心構えまでを学んでいきましょう。

時期別のリハビリ内容の具体例と体験談

急性期のリハビリ

起き上がることができない臥床期から離床期を経て、車いすで移動したり歩行訓練なども行います。

  • 手足の関節を動かす(関節可動域運動)
  • 筋肉をつける運動(筋力増強運動)
  • ベッドから体を起こす(頭部挙上負荷)
  • 平行棒内歩行訓練 など

脳梗塞のリハビリ【急性期】について詳しく見る >

回復期のリハビリ

麻痺のある手足を動かして回復を促す運動を続けながら、日常で行う動作を1人でできるように訓練していきます。

  • 杖歩行訓練
  • 更衣動作の訓練
  • サンディングやペグボードなどの作業療法
  • 利き手交換 など

脳梗塞のリハビリ【回復期】について詳しく見る >

維持期のリハビリ

発症してから半年ほどすると、急激な機能回復が見られなくなり、維持期に入ります。これまでに回復した機能を維持しながら、日常生活を送る訓練をしていきます。

  • 更衣や食事などの動作訓練
  • 言語聴覚士による言語訓練
  • 絵画を書いたり手芸をしたりする作業療法 など

脳梗塞のリハビリ【維持期】について詳しく見る >

リハビリ体験談

発症すると、半身麻痺や言語障害が残り、その後の生活に支障をきたす可能性がある脳梗塞。ここでは、そんな障を克服するために、リハビリに取り組んだ方々の体験談も紹介しています。ぜひ参考にしてください。

脳梗塞のリハビリ体験談を詳しく見る >

リハビリテーションに取り組む
姿勢や心構えについて

リハビリには、単純に運動をして体の機能を回復させるという目的があるだけではなく、病気や障害を受け入れ、日常の中で共存しながら妥協点を見いだしていく過程でもあります。取り組む姿勢や心構えによって、回復の早さや到達点が変わって来ることもありますから、リハビリに対する考え方についてまとめておきましょう。

リハビリを成功させるためのポイント

脳梗塞で脳にダメージを受けた後に現れる手足の麻痺は、病気やケガなどで手足が欠落した場合と違い、リハビリを続けていればきっと機能が回復するのではないかと信じてしまいがち。しかし、元の状態まで回復する方もいれば、そうではない方もいるのが事実です。

リハビリをがんばって機能回復が実現した場合は良いのですが、発症後半年ほど過ぎるころには回復が見られなくなり、その時点で残っている症状と共に生活していくことになります。その事実を受け入れ、病気と共に生きていく心構えと動き方のテクニックを体得できるかどうかが、発症後の生活を左右します。

リハビリを行っていく過程で、本人はもちろんですが、周りの家族や介助者も一緒に病気を受け入れ、共に生きていく心構えを作っていきましょう。

リハビリはチームで取り組む

リハビリは患者本人だけの努力で成り立つものではありません。患者やその家族を支えるのは、発症直後の治療を担当する医師、看護師から始まり、急性期や回復期のリハビリを担当する理学療法士や作業療法士、言語聴覚士など、様々な分野の専門家たち。そんな専門家が患者を回復させるためにチームを組んで連携、協力してリハビリに取り組んでいくのです。

さらには、薬剤師や栄養士、ソーシャルワーカーなどが関わることもあります。自宅へ帰ればご近所の方や友人に支えてもらうこともあるかもしれません。患者やその家族は、チームの中心にいるわけですから、病気や後遺症に立ち向かう上で不安を感じたら、いつでも専門家とチームのスタッフにアドバイスやサポートを求めることができます。

このようにチームで支え合いながら戦っていく意識を持つことが、病気を乗り越えて豊かに生活するためのポイントとなるのです。

行う目的や効果など
リハビリテーションの基礎知識

リハビリを行わなければならない目的や、行う時期、場所などの基本的な情報を確認しましょう。

リハビリを行う目的と効果

脳梗塞を発症した後、ほとんどのケースで手足の麻痺や言語障害などの後遺症が残ると言われています。少しでも早く元の機能を回復するよう、または日常生活に戻れるように行うのがリハビリテーション。発症した直後の急性期と病状が落ち着いた維持期とでは若干異なりますが、大きく分けると以下のような2つの目的があります。

  • 失われた機能を回復させる
  • 残った機能を使って日常生活に戻る

手足の麻痺などの障害は、時間の経過とともに回復することもありますが、早期から関節などを動かすことで廃用性症候群を防ぐこともできますし、回復を早めることも可能になります。

リハビリを行う時期、期間

発症直後に脳梗塞の治療を行っているときから、リハビリをスタートさせます。ベッドで安静にしている時でも、手や足の関節を動かしたりする軽いリハビリが可能。発症から半年くらいまでが急性期から回復期と呼ばれて、リハビリの効果が最も表れやすい時期です。その後は、生活の中で長期間にわたってリハビリを取り入れていくことになります。

リハビリを行う場所

急性期は脳梗塞の治療を行った病院で、回復期になるとリハビリに特化した病院や施設へ転院したり、自宅から通所しながらリハビリを続けます。