脳梗塞とは?イチから分かるガイド集 » 特集2:なぜ「酵素」が血液をサラサラにするのか » 脳梗塞の再発予防効果に期待!毒出し酵素のエビデンスとは

脳梗塞の再発予防効果に期待!毒出し酵素のエビデンスとは

毒出し酵素の研究

ここでは、脳梗塞や脳溢血の再発予防や後遺症の改善に効果があるとされる、「毒出し酵素」と呼ばれる酵素にスポットをあて、なぜそのような効果が発揮できるのか、実際に利用した人の口コミとともに検証していきます。

毒出し酵素のエビデンスからわかること

「毒出し酵素」と普通の酵素の違い。それは「活性があるか、失活しているか」といえます。毒出し酵素といえる成分は、この活性が第三者機関で確認されているものを指します。脳梗塞や心筋梗塞などの原因となる血管や血液の質を高めるだけでなく、さまざまな疾病予防や症状の改善効果について、医療機関や大学の研究機関などで研究されています。

毒出し酵素は体内から老廃物を排出するいわばデトックス酵素。活性の高い毒出し酵素であれば、摂取後10~20分でドロドロだった血液がサラサラになることが確認されているそうです。脳梗塞や脳溢血の再発予防に効果を発揮する、毒出し酵素のエビデンス(科学的根拠)と実際に使用した方の口コミを検証していきましょう。

ヒト臨床試験のデータを公開している毒出し酵素

毒出し酵素は鈴鹿医療科学大学や京都府立医科大学でヒト臨床試験が行なわれており、抗糖尿病や抗がん効果などのエビデンスがあります。

実際にヒトの体内で効果が確認できているため、期待値が高めといえるでしょう。通常、酵素サプリの実験データはマウスやラットを使った臨床実験がほとんど。そのことを踏まえると、ヒト臨床試験のデータを公開している毒だし酵素はかなり信頼性が高い製品といえます。

脳梗塞だけでなく、多様な疾病に効果がある

毒だし酵素の特徴は、脳梗塞だけでなくいろいろな疾病に効果があること。エビデンスが公開されている抗糖尿病効果や抗がん効果、尿酸の低下作用など、脳梗塞の要因となる病気を防ぐ効果が認められています。

脳梗塞の再発予防だけでなく、さまざまな疾病の予防にも使えるのは大きな魅力といえるでしょう。

糖尿病や腫瘍、痛風のエビデンスを医科大学で確認

まずは研究発表のデータと毒出し酵素によって、脳梗塞を改善した方の声をご紹介していきます。

■糖尿病への効果
基礎疾患に糖尿病があり、合併症治療などを行っている患者さんを対象とした臨床試験では、毒出し酵素を3ヶ月人が摂取した場合、体重が約4.9%、血糖値が約21.1%、HbA1cが約8.6%減少したという結果が現れました。
また、臨床を行った患者さんの94%は何らかの改善がみられ、残りの6%の方も副作用は認められなかったと報告されています。

■腫瘍に対する研究データ
京都府立医科大学で行われた抗腫瘍(抗癌)効果の実験データによると、腫瘍(B16メラノーマ細胞)皮下接種後のマウスに、毒出し酵素と呼ばれるサプリメントの成分を与えたところ、他のマウスよりも延命。腫瘍が縮小し、さらに転移の減少が認められたことが判明。大きな有意差が確認されました。

■痛風への効果
鈴鹿医療科学大学で実施した動物実験では、毒出し酵素を与えたマウスは、与えなかったマウスに比べて約33%の尿酸抑制効果が認められたと論文で発表。この結果から、血液をキレイに保つことが尿酸の予防に繋がると判明しました。

■体内酵素の活性効果
鈴鹿医療科学大学の分析によると、毒出し酵素と一般的な酵素サプリメントの酵素力を比較したところ、体内にあるたんぱく質分解酵素、炭水化物分解酵素、脂肪分解酵素に対する活性効果に、他の酵素と比べ約43倍の差があったことが判明しています。

エビデンス(科学的根拠)からわかること

健康食品として販売されているサプリメントや飲料の中には、動物実験やヒト臨床試験もしていないものが多くあります。もちろんヒト臨床試験までしっかり行っているものもありますが、実験をしていない製品と同じように販売されているのが現状です。

毒出し酵素は医療施設や研究機関の協力を得て作られている製品が多く、効果に関するエビデンスが公開されています。その中でも毒出し酵素に関する研究に関わりが深い鈴鹿医療科学大学は、臨床分野の研究に注力している大学。臨床データのエビデンスも信頼性が高いといえます。

毒出し酵素に限らず、医科大学や医療科学大学などのエビデンスがきちんと確認できる製品は効果が期待できるようです。健康食品を選ぶ際は、こういったエビデンスが公開されている製品を選ぶ方がより効果を得られるかもしれません。

毒出し酵素の口コミは信憑性があるか?

脳梗塞の後遺症をスッキリ治す

飲んだその日に効果を実感!

数年前に脳梗塞を発症し、幸い大事には至らなかったものの、血糖値と血圧が急激に高くなってしまいました。処方された薬を飲んでも正常値に戻らず、薬の副作用や脳梗塞の後遺症であるめまい・半身のしびれなどに悩まされる日々…。
そんな時、雑誌で見つけた酵素をダメもとで試してみたところ、飲んで数時間後に頭痛やめまいが消えて、身体が軽くなったのを実感したんです。
その後はスムーズに血糖値・血圧も下がり、今では何と正常値に!今では家族みんなでお世話になっており、手放せません。

脳梗塞の後遺症として高血圧や高血糖を引き起こした方が、毒出し酵素を飲むことで症状が改善されたとのこと。効果には個人差があるので同じようになるとは限りませんが、摂取して数時間で症状が軽減されるのには驚きです。飲み続けることで血圧や血糖値も正常値になっているので、継続することでより効果が出やすくなるのかもしれません。

ドロドロ血液をサラサラに変える

脳梗塞の半身麻痺から回復

10年以上前に脳梗塞で倒れたものの後遺症もほとんどなく、再発防止策をとっていませんでした。その油断がたたって、数年前に2度目の脳梗塞を発症。左半身に麻痺が残り、日常生活にも支障が出てしまいました。
ガックリ落ち込んでいた私に家族がすすめてくれたのが、酵素でした。はじめは半信半疑だったのですが、飲み始めてしばらく経つと、ドロドロ血液がサラサラに流れているという検査結果が!
血行が回復して麻痺していた半身も少しずつ動くようになり、3ヵ月後には自力で歩けるようになりました。この回復ぶりには医師も驚くほどです。

脳梗塞は再発しやすいため、対策しておかないと再発する可能性があります。口コミの方は2回目の脳梗塞で半身麻痺になったとのことですが、酵素を飲み続けることで血行が良くなり快方に向かっているようです。酵素がドロドロ血液から老廃物を排出しサラサラ血液にしてくれたことから、血液が隅々まで行き渡り麻痺が回復したと考えられます。

足の違和感がみるみるうちになくなった

杖がなくても普通に歩けるように

家の中で転倒してから身体に力が入らなくなり、「これはおかしい」と思って検査を受けてみたところ、脳梗塞と判明しました。
薬物治療を受けて1週間ほどで退院し、杖があれば自立歩行も可能でしたが、「もっとよくなりたい」という思いで、雑誌で見た酵素を始めてみたんです。
すると、2ヶ月も経たないうちに足にあった違和感がなくなり、歩幅が広がって普通に歩行できるように。今では、家の中なら杖を使わなくても大丈夫なほどに回復して、とても嬉しく思っています。

転倒が原因で血管に異常が起こってしまい、脳梗塞を引き起こす場合があります。軽度であれば薬物治療で治せますが、酵素を摂取すると医療後の日常生活が楽になることも。口コミの方は2ヶ月酵素を飲み続けて歩行がしやすくなったそうで、酵素が足の麻痺にも効果が期待できることが分かりました。

統合医療や補完代替医療の分野への期待

毒出し酵素は脳梗塞以外にもさまざまな疾病に効果があるとして、統合医療分野や補完代替医療分野での活躍が期待されています。

代替医療は科学的に未検証かつ臨床未応用の医療で、医学校や病院では実践していないものです。日本補完代替医療学会の定義では、民間療法や伝統医学、保険適用外の新治療なども補完代替医療に含まれます。(出典:日本補完代替医療学会)

毒出し酵素はあくまで健康食品なので、エビデンスや疾病への効果が認められていても医療ではありません。そのため、医療に代わる代替医療として、効果が注目され始めています。

現状、日本では代替医療に取り組むための公的機関が設置されていないため、代替医療の導入が欧米より遅れています。しかし、クリニックによっては漢方薬やサプリメントを治療と併用して処方しているところもあり、医療機関での統合医療が充実してきました。

民間療法でも代替医療として有望なものが多く、今後が期待されます。ただし、怪しい商法もいくつか見られるので注意が必要です。エビデンスを確認し、信頼できるものだけを使いましょう。

引用元:日本補完代替医療学会公式サイト(http://www.jcam-net.jp/info/what.html)

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献

▼毒出し酵素についてより詳しくはこちらから検索▼
検索窓:毒だし酵素