報告されているエビデンス

毒出し酵素の研究毒出し酵素と呼ばれるサプリメントの成分が健康維持にどのような役割を持つのか、大学など第三者の研究機関による研究データから検証。

酵素製品の優れた働きや健康効果は、さまざまな研究施設によって解明されています。

実際に、「毒出し酵素で脳梗塞などを改善した」という方からの口コミ情報も必見です。

毒出し酵素についての確かな研究データ

まずは研究発表のデータと毒出し酵素によって、脳梗塞を改善した方の声をご紹介していきます。

■糖尿病への効果
基礎疾患に糖尿病があり、合併症治療などを行っている患者さんを対象とした臨床試験では、毒出し酵素を3ヶ月人が摂取した場合、体重が約4.9%、血糖値が約21.1%、HbA1cが約8.6%減少したという結果が現れました。
また、臨床を行った患者さんの94%は何らかの改善がみられ、残りの6%の方も副作用は認められなかったと報告されています。

■腫瘍に対する研究データ
京都府立医科大学で行われた抗腫瘍(抗癌)効果の実験データによると、腫瘍(B16メラノーマ細胞)皮下接種後のマウスに、毒出し酵素と呼ばれるサプリメントの成分を与えたところ、他のマウスよりも延命。腫瘍が縮小し、さらに転移の減少が認められたことが判明。大きな有意差が確認されました。

■痛風への効果
鈴鹿医療科学大学で実施した動物実験では、毒出し酵素を与えたマウスは、与えなかったマウスに比べて約33%の尿酸抑制効果が認められたと論文で発表。この結果から、血液をキレイに保つことが尿酸の予防に繋がると判明しました。

■体内酵素の活性効果
鈴鹿医療科学大学の分析によると、毒出し酵素と一般的な酵素サプリメントの酵素力を比較したところ、体内にあるたんぱく質分解酵素、炭水化物分解酵素、脂肪分解酵素に対する活性効果に、他の酵素と比べ約43倍の差があったことが判明しています。

酵素によって脳梗塞を改善した方からの声

飲んだその日に効果を実感!

数年前に脳梗塞を発症し、幸い大事には至らなかったものの、血糖値と血圧が急激に高くなってしまいました。処方された薬を飲んでも正常値に戻らず、薬の副作用や脳梗塞の後遺症であるめまい・半身のしびれなどに悩まされる日々…。
そんな時、雑誌で見つけた酵素をダメもとで試してみたところ、飲んで数時間後に頭痛やめまいが消えて、身体が軽くなったのを実感したんです。
その後はスムーズに血糖値・血圧も下がり、今では何と正常値に!今では家族みんなでお世話になっており、手放せません。

脳梗塞の半身麻痺が復活

10年以上前に脳梗塞で倒れたものの後遺症もほとんどなく、再発防止策をとっていませんでした。その油断がたたり、数年前に2度目の脳梗塞を発症。左半身に麻痺が残り、日常生活にも支障が出てしまいました。
ガックリ落ち込んでいた私に家族がすすめてくれたのが、酵素でした。はじめは半信半疑だったのですが、飲み始めてしばらく経つと、ドロドロ血液がサラサラに流れているという検査結果が!
血行が回復して麻痺していた半身も少しずつ動くようになり、3ヵ月後には自力で歩けるようになりました。この回復ぶりには医師も驚くほどです。

杖がなくても普通に歩けるように

家の中で転倒してから身体に力が入らなくなり、「これはおかしい」と思って検査を受けてみたところ、脳梗塞と判明しました。
薬物治療を受けて1週間ほどで退院し、杖があれば自立歩行も可能でしたが、「もっとよくなりたい」という思いで、雑誌で見た酵素を始めてみたんです。
すると、2ヵ月も経たないうちに足にあった違和感がなくなり、歩幅が広がって普通に歩行できるように。今では、家の中なら杖を使わなくても大丈夫なほどに回復して、とても嬉しく思っています。

▼毒出し酵素についてより詳しくはこちらから検索▼
検索窓:毒だし酵素