回復期

日本脳卒中学会発表「脳梗塞ガイドライン2009」によると、特に移動やコミュニケーション、認知などの複数領域に障害が残っている場合には、回復期リハビリテーションに集中して取り組むことによって、日常生活能力が改善しうるとされています。

回復期においては、残存する障害に対して、様々な療法に対する適応を判断しながらリハビリテーションに取り組む必要があるほか、合併症などの医学的管理を行うことも重要です。

特に脳梗塞は再発しやすい病気であり、有名な「久山町研究」によると、5年目の再発率は49.7%にのぼります。リハビリと合わせて、脳梗塞の再発予防に取り組むことも大切なポイントです。

脳梗塞の危険因子となる生活習慣病を防ぐ
健康食品・サプリメントの成分まとめはこちら

回復期のリハビリとは…目的と流れ

車いすに30分以上座れるようになったら、リハビリテーション室での本格的なリハビリに入ります。このころの訓練の目的は、麻痺が現れたり、発語が難しくなったりと自由が利かない身体の状態を、日常生活が送れるまでに回復させること。そのためには、麻痺や障害がある部分の機能を回復させる訓練を行うと同時に、残された部分の能力を引き出す訓練の2本立てで行います。

手足に麻痺などがある場合は、麻痺している手足を回復させるリハビリを行いながら、動く方の手足を効率よく使って自分で起き上がる、立ち上がるという訓練を始めます。杖を使って一人で歩行したり、着替えをしたりと、日常生活で実践できる動作を、繰り返し訓練していきます。

回復期に行うべきリハビリの内容とは

手足などに起こる麻痺は、時間と共に自然に回復してくることもありますが、リハビリで関節を動かして可動域を広げたり、積極的に動かす訓練をすることで、より回復を早めることができます。

さらに、日常生活に戻れるよう動作の訓練も行います。健康な時は、何も気にせずにできていた動作であっても、片麻痺が起きている状態ではうまくできないことがたくさんあります。ベッドから起き上がる動作、車いすから立ち上がる動作など、麻痺している部分を動く手足でカバーしながら行えるようにリハビリを行っていきます。

回復期にリハビリを行う際の注意点とは

脳梗塞の患者さんには、手足の麻痺や言語障害など見た目で判断しやすい障害がある場合と、記憶障害や半側空間無視などの一見しただけでは分かりにくい障害が残っているケースがあります。

リハビリがなかなか進まないと感じたら、患者本人すら気が付いていない別の障害がないかどうかを確認すると同時に、ご家族や介助者が焦らずに回復を見守ることが大切です。

脳梗塞の予防に重要なポイント

脳梗塞を予防するためには、危険因子である高血圧・糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病を防ぐことが、もっとも大事なポイントのひとつ。そのためには、栄養バランスのとれた食生活が必須です。

手軽に、バランスよく栄養を補給するには、健康食品やサプリメントを利用するのもおすすめ。このサイトでは、脳梗塞予防に役立つとされる健康食品・サプリメントの含有成分を紹介していますので、参考にしてください。