回復期のリハビリテーション

リハビリ画像

脳梗塞の改善において、急性期のリハビリを終えたら、次に待っているのが「回復期」のリハビリです。回復期のリハビリでは、主に後遺症を乗り越えるための訓練を行います。では実際にどのような訓練を行うのでしょうか。ここでは、そんな回復期のリハビリ内容や入退院時の注意点などについて詳しく解説していきます。

回復期のリハビリは退院後の日常生活をなるべく支障なくおくるための訓練

脳梗塞のリハビリには、急性期・回復期・維持期の3段階があり、そのなかで発症後5~6ヵ月の時期に行うリハビリを回復期のリハビリと呼びます。
急性期は「病気を治療するための期間」ですが、回復期はその次の段階である「家庭復帰を目指す期間」です。

回復期のリハビリでは日常生活の自立を目指すため、麻痺した手足の運動や歩行訓練、床上での動作練習などを積極的に行います。また、痙縮が出始める時期でもあり、それに対する治療も同時に行います。

そのため回復期のリハビリでは、医師だけでなく、看護師やセラピスト、医療ソーシャルワーカーなど各分野の専門職スタッフがチームを組み、様々な訓練を実施していくのが大きな特徴です。
これらの訓練を受けるため、回復期には急性期病院から専門の医療機関に移る必要があります。しかし、回復期リハビリが行なえる医療機関には入院できる期間が設けられているため、集中的なリハビリはその期間内で行われます。

回復期のリハビリテーション病棟

急性期病院での治療を終え、回復期にさしかかった患者は次に回復期のリハビリテーション病棟へと移動します。
回復期リハビリテーション病棟とは、各分野の専門医がチームを組んで集中的なリハビリテーションを実施し、最終的に患者が自宅や職場、学校といった生活環境へと復帰できるよう、サポート支援を行なう病棟のことです。

具体的には、歩行・着替え・食事など日常生活に必要な動作を身に付け、心身ともに回復した状態で社会復帰することを目指していきます。
また退院後も患者の健康維持を図るため、医学的管理やリハビリテーションの継続といった生活面に必要なサポート体制を整えてくれます。

回復期のリハビリではどのようなことをするか

回復期のリハビリでは、より実践的な動作を身に付けるため、1日最大3時間ほどリハビリに励むことになります。

具体的には、

  • 言語障害を改善させるための「言語聴覚療法」
  • 痙縮(筋肉の緊張によって手足を自由に動かせなくなる状態)を予防するための「ボツリヌス治療」
  • ロボットスーツを使って自律動作を身に付ける訓練
  • 電気で神経を刺激する「磁気・電気刺激療法」

など、様々な方法を用いて日常生活を送る上で必要な動作を身に付けていきます。
そのために、病院側も各専門分野のスタッフを集め、チーム医療で入院時から患者のリハビリをサポートします。

言語聴覚療法

言語聴覚療法とは、発声や言語などに問題のあるコニュニケーション障害の方、または摂食・嚥下障害の方に対して言語能力の回復を図る訓練のことです。
一般的に、言葉を聞かせたり文字を見せたりと、患者の脳に適度な刺激を与えることで、反応を引き出します。

また、言葉を話すことだけでなく、ジェスチャーを送ってみたり絵を描いて表現してみたりと、言葉以外の方法でコミュニケーションをとる訓練法も積極的に取り入れます。
失語症や運動障害性構音障害といった言葉の障害は、発症してから早期にリハビリを行なうことが重要です。回復の度合いに個人差はありますが、一般的に発症から1年間は回復が期待できると言われています。

痙縮(けいしゅく)に効果があるボツリヌス治療

痙縮とは、脳梗塞の後遺症でよくみられる症状の一つで、筋肉の過度な緊張によって手足を自由に動かせなくなる状態のことを指します。この痙縮を改善する治療法として用いられるのが、ボツリヌス治療です。痙縮を引き起こしている特定の筋肉に対し、天然のタンパク質といわれるボツリヌス菌の毒素(ボツリヌストキシン)を原料とした製剤を注射します。これにより、筋肉に緊張をもたらす神経伝達物質、アセチルコリンの働きを抑制することができるのです。

ボツリヌス治療は、痙縮が起き始めるとされる脳梗塞発症後3ヵ月頃を目安に受けるのがベストだと言われており、注射の効果は3~4ヵ月ほどで消えるとされています。しかし、早期の段階から繰り返し治療を行えば症状が改善されるとともに、注射の必要が無くなるケースもあるようです。

運動を学習させる磁気・電気刺激療法

磁気・電気刺激療法とは、電気で手足を動かす神経を刺激し、筋肉を半強制的に動かすことで、運動の動作を体に覚え込ませる治療法です。ラットを用いた実験でもその効果は実証されており、特に血管新生・グリア増生抑制効果や抗アポトーシス効果が関与していることが明らかとなっています。

磁気・電気刺激療法は、脳梗塞を含めた様々な中枢神経疾患に対して治療効果を得られる可能性が高いとして注目されている治療法です。そのため、さらなる研究が続けられている治療法の一つでもあります。

ロボットスーツで自律動作を支援

近年は技術の進歩も著しく、リハビリ支援もロボットが行なってくれる時代となりました。

なかでも現在注目を集めているのが、筑波大学大学院の山海嘉之教授が開発した「ロボットスーツHAL」です。これは、脚に障害を持つ方や脚力の低下によって歩行が困難な高齢者の脚力・歩行機能の回復をサポートするロボットで、人が筋肉を動かす際に発する「生体電位信号」を特殊なセンサーが感知することで動作し、リハビリ患者の自律動作を支援します。医療・介護・福祉などの様々なシーンで活躍しており、リハビリ訓練の負担が軽減され、患者のモチベーション向上効果が期待されているロボットです。

ロボットを使ったリハビリ活動は世界的にも注目を集めており、今後さらに発展することが予想されています。

リハビリで入院できる期間は限られている

回復期リハビリテーション病棟には、「発症から入院までの期間」と「入院できる期間」それぞれに期限が設けられているため、いつでも誰でも利用できるというわけではありません。

脳卒中の場合は、回復期リハビリテーション病棟に入院できるのが発症から60日以内となっており、入院後のリハビリも発症から最大180日までと定められています。そのため、回復期リハビリ病棟を利用する際は、必ず事前にこれら2つの期限を確認しておくようにしましょう。

退院後を考えて病院を選ぶ必要がある

回復期リハビリ病棟は入院できる期間が決まっているため、利用する際は退院後のことまでしっかりと考えておく必要があります。

退院後の療養先として考えられる主な選択肢は「在宅療養」と「施設療養」の2つ。
在宅での療養を希望する際は、介護保険を申請し、要介護認定を受ける必要があります。一方、施設での療養を希望する場合は、主に老人保健施設でリハビリを受けながら特別養護老人ホームへの入居を待つか、介護療養型の老人保健施設に入所するかの2択になるでしょう。

また、回復期リハビリ病棟の中には退院後も訪問リハビリや外来リハビリなどによるサポートを行ってくれるところがあります。最終的に在宅療養を希望する場合は、入院だけでなく在宅でのリハビリ環境も事前に調べておくと良いでしょう。そうすれば、退院後も継続的なサポートを受けることも可能になるので安心です。

回復期のリハビリで注意すべきポイント

脳梗塞の回復期におけるリハビリは、患者本人はもちろんのこと、それを看病する家族も注意しておくべきポイントがあります。

まず、初めに気を付けておきたいポイントが、急性期病院から回復期リハビリ病棟に誰でも移れるわけではないという点です。
急性期の治療が長引き、発症から2ヶ月以上経過してしまうと、回復期病院へ移れなくなってしまいます。そのため、急性期病院に入院している時から、回復期リハビリ病棟への転院に関して医師をはじめ、看護師やその他リハビリスタッフに相談しておくことが大切です。

また、回復期リハビリ病棟は最大180日間しか入院できません。退院後もほとんどの場合、在宅または施設にて介護サービスを受けます。介護保険サービスを利用するには要介護認定を受ける必要がありますが、認定には3~4週間かかるため、退院後すぐに利用する場合は入院中から事前に申請しておくことが大切です。
回復期リハビリ病棟に入院している間、食事面や体調面に関しては担当の医師やリハビリスタッフが対応してくれるため、大きな心配はいりません。家族が気をつけるべきポイントは、入院前後の準備で、つまり最適なリハビリ環境を整えてあげることです。

リハビリでまひが回復するなど訓練の効果は果たしてあるのか

リハビリをすれば、まひが必ず治るというわけではありません。もちろん、完治に向けて訓練を積むことは大切です。しかし、訓練が回復の度合いを決めるのではなく、重要なのは治癒過程において適切な訓練を行えるかどうかです。

訓練をしなければ、関節の動きが制限される「拘縮」を起こす危険性を高めます。逆に無理な訓練を続けると関節に激しい痛みが生じ、手足を思うように動かせなくなります。

訓練によってまひが治るかどうかに絶対という言葉はありません。また、適切な訓練を行うことで回復は期待できますが、その効果にも限度はあります。
そのため、実際リハビリテーションでは「まひに対する訓練」と「残された能力を開発する訓練」の2つを同時に行うのが基本です。
訓練によってまひが改善されない場合でも、残された力でそれをカバーする訓練を行うことによって、生活に必要な動作を身に付けます。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献