わかりやすい脳梗塞の予防ガイド

わかりやすい脳梗塞の予防ガイド

脳梗塞の治療・リハビリ・再発防止のためのサイト

脳梗塞の予防ガイド HOME » 必ず知っておくべき脳梗塞のこと » 動脈硬化とは

動脈硬化とは

脳梗塞の原因となる動脈硬化について。その原因、症状、治療法とは?動脈硬化についての基礎知識をまとめています。

脳梗塞の原因「動脈硬化」とは

脳梗塞の原因「動脈硬化」とは

脳梗塞のおもな原因である「動脈硬化」。

脳の病気・症状のほかにも、さまざまな病気を引き起こす危険因子です。

動脈硬化とは、その名のとおり「動脈が硬くなる」こと。

本来ならばしなやかな動脈が硬くなり、柔軟性がなくなるため、血管が狭くなります。

そして、血液の循環が上手くいかず、心臓や脳に負担がかかります。

脳の血管が狭くなり、詰まることで、脳梗塞の原因に。

そして、血管が破裂すると、クモ膜下出血などの脳出血となります。

動脈硬化の原因

動脈硬化の原因は、動脈の内側に中性脂肪やコレステロールなどが溜まることで起こります。

具体的には、「高血圧」「高脂血症」「糖尿病」「喫煙」がおもな危険因子となります。

動脈硬化を予防するには

では、動脈硬化を予防するにはどうしたらよいのでしょうか。

以下のことに注意してください。

  • 適度な運動で肥満予防・解消…内臓脂肪型肥満は、脂質異常症や高血圧の大きな原因です。
  • 食事…おもに肉に多く含まれる、動物性脂肪をたくさん摂ることで、血液中の脂質が増加。肥満になる可能性が高まります。肉を減らし、野菜をたくさん摂るように心掛けましょう。
  • 禁煙…喫煙は、コレステロールが血管に溜まりやすくなる原因です。また、体が酸化する活性酸素が増加の原因にも。
 
わかりやすい脳梗塞の予防ガイド