動脈硬化とは

脳梗塞の原因となる動脈硬化について。その原因、症状、治療法とは?動脈硬化についての基礎知識をまとめています。

脳梗塞の原因「動脈硬化」とは

脳梗塞の原因「動脈硬化」とは

脳梗塞のおもな原因である「動脈硬化」。

脳の病気・症状のほかにも、さまざまな病気を引き起こす危険因子です。

動脈硬化とは、その名のとおり「動脈が硬くなる」こと。

本来ならばしなやかな動脈が硬くなり、柔軟性がなくなるため、血管が狭くなります。

そして、血液の循環が上手くいかず、心臓や脳に負担がかかります。

脳の血管が狭くなり、詰まることで、脳梗塞の原因に。

そして、血管が破裂すると、クモ膜下出血などの脳出血となります。

動脈硬化の3つの種類

動脈硬化には発症原因によって、以下のような3種類に分けられると言われています。

アテローム性粥状動脈硬化

血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールの量が増えることによって生じる動脈硬化。コレステロールを捕食して分解する白血球の一種マクロファージは、コレステロールの量が多くなるとお粥のようなドロドロとした残骸となり、血管の中にこびりついてしまいます。

マクロファージの残骸をアテロームと呼び、これを原因とする動脈硬化のことをアテローム性の動脈硬化と分類しています。血管内に溜まったアテロームは、プラークという棘のよう物質になって、血栓を作る要因となってしまいます。

中膜硬化

血液の中にカルシウムが増えることで発症する動脈硬化です。下半身や首の動脈、心臓付近の大動脈などで起こりやすいと言われていて、血管を形成している3層の膜のうち、中膜に硬化が起こるのが特徴です。

細動脈硬化

高血圧に起因して発症しやすい動脈硬化。太い動脈ではなく、その先の毛細血管で起こるのが特徴で、腎臓や脳の血管など、毛細血管の血流が重要な役割を果たしている器官で発症します。細い血管はただでさえ壊れやすいので、細動脈硬化が起こると少しの硬化で血管壁が破壊されてしまいます。

動脈硬化の原因

動脈硬化の原因は、動脈の内側に中性脂肪やコレステロールなどが溜まることで起こります。

具体的には、「高血圧」「高脂血症」「糖尿病」「喫煙」がおもな危険因子となります。

動脈硬化を予防するには

では、動脈硬化を予防するにはどうしたらよいのでしょうか。

以下のことに注意してください。

  • 適度な運動で肥満予防・解消…内臓脂肪型肥満は、脂質異常症や高血圧の大きな原因です。
  • 食事…おもに肉に多く含まれる、動物性脂肪をたくさん摂ることで、血液中の脂質が増加。肥満になる可能性が高まります。肉を減らし、野菜をたくさん摂るように心掛けましょう。
  • 禁煙…喫煙は、コレステロールが血管に溜まりやすくなる原因です。また、体が酸化する活性酸素が増加の原因にも。

脳梗塞の予防に重要なポイント

脳梗塞を予防するためには、危険因子である高血圧・糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病を防ぐことが、もっとも大事なポイントのひとつ。そのためには、栄養バランスのとれた食生活が必須です。

手軽に、バランスよく栄養を補給するには、健康食品やサプリメントを利用するのもおすすめ。このサイトでは、脳梗塞予防に役立つとされる健康食品・サプリメントの含有成分を紹介していますので、参考にしてください。

脳梗塞の予防に取り入れられる
健康食品・サプリメントの成分まとめ