わかりやすい脳梗塞の予防ガイド

わかりやすい脳梗塞の予防ガイド

脳梗塞の治療・リハビリ・再発防止のためのサイト

脳梗塞の予防ガイド HOME » 脳梗塞の再発予防のためにできる5つの方法 » 薬物療法を行う

薬物療法を行う

脳梗塞の再発予防のために使われる薬の種類とその働き、気になる副作用について解説しています。予防のために薬物治療は必ず必要ですが、重い副作用を伴う場合もあります。ぜひ隅々まで目を通しておいて。

脳梗塞予防に必要な薬と副作用について

脳梗塞の再発を防ぐための薬剤と効果、懸念される副作用を解説します。

脳梗塞は再発しやすい病気。それを予防するためには、適切な薬物療法を受け、処方された薬の服用を継続することが非常に大切です。

抗血小板薬

抗血小板薬のイメージアテローム血栓性脳梗塞やラクナ梗塞の再発を防ぐために使われるのが、抗血小板薬。

血小板の働きを抑制して血栓ができるのを防ぐ働きを持ちます。現在、使用されている主な抗血小板薬は以下の通り。

■アスピリン
解熱鎮痛剤として知られ、血小板同士の結合を抑えて凝固を防ぐ作用を持ちます。
脳梗塞の予防として処方される量は、鎮痛目的の1/3程(約100mg)。濃度が高いと逆に血栓が作られてしまうため(アスピリンジレンマ)、低用量での処方となります。服用する量は、必ず医師の指示に従うようにしてください。

副作用
胃炎・胃潰瘍・アスピリン喘息の悪化など

■チクロピジン
血小板同士の結合を活発にする物質を抑制。内服後2~3日で効果が見られ、4~7日で安定するのが一般的です。
ただし、白血球減少など重大な副作用が懸念されるため、服用開始から3ヵ月は定期的な検査が必須となります。

副作用
下痢・貧血・胃炎・発熱・白血球減少・肝障害・無顆粒球症など。

■クロピドグレル
血小板が凝固して血栓になるのを防ぐ、血栓症の専門薬。アテローム血栓性梗塞や一過性脳虚血発作に高い効果を持つと言われています。
チクロピジンよりも副作用が少なく、重篤な副作用の発言はきわめて稀。しかし、飲み始めてから2ヵ月間はとくに体調の変化に注意する必要があります。

副作用
鼻血・歯茎からの出血・皮下出血・血尿・脳出血・消化管出血などの重大な出血(稀に見られる)・肝障害・血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)など。

抗凝固薬

抗凝固薬のイメージ血液の凝固因子の働きを抑制し、血栓を防ぐ薬。

心臓内の血液が淀んでできる血栓を防ぐ作用を持つため、主に心原性脳塞栓症の再発予防として使用されます。

主にワーファリンという薬剤が使用されています。

■ワーファリン
心房細動(不整脈)による心原性脳塞栓症の場合に処方される内服薬。凝固因子の活性に必要となるビタミンKの活動を抑え、血液を固まりにくくします。
飲み始めてから効果が安定するまでに時間がかかり、人によって効き目が異なるのが特徴。定期的に血液検査で血液凝固時間をチェックし、量を調節しながら服用します。
ワ―ファリンを服用している人は、ビタミンKを多く含有する納豆・青汁・クロレラ等の摂取は控えます。

副作用
鼻血・歯茎からの出血・内出血・月経過多・血尿・血便・血痰・吐き気・立ちくらみ・頭痛など。

脳梗塞を予防するためには、危険因子である高血圧・糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病を防ぐことが、もっとも大事なポイントのひとつ。そのためには、栄養バランスのとれた食生活が必須です。

手軽に、バランスよく栄養を補給するには、健康食品やサプリメントを利用するのもおすすめ。このサイトでは、脳梗塞予防に役立つとされる健康食品・サプリメントの含有成分を紹介していますので、参考にしてください。

脳梗塞の予防に取り入れられる
健康食品・サプリメントの成分まとめ

 
このサイトは、管理人が独自に調べた情報をもとに制作しています(2017年7月時点)。
健康食品などの情報は、必ず公式ホームページなどで確認するようにしてください。
また、脳梗塞の予防や治療については、医師の指示に従ってください。

わかりやすい脳梗塞の予防ガイド