わかりやすい脳梗塞の予防ガイド

わかりやすい脳梗塞の予防ガイド

脳梗塞の治療・リハビリ・再発防止のためのサイト

脳梗塞の予防ガイド HOME » 必ず知っておくべき脳梗塞のこと » 脳梗塞とうつ病の関係

脳梗塞とうつ病の関係

脳梗塞後にかかりやすい、うつ病について詳しく解説。

発症から治療過程での気分の変化や、その原因などについてまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

脳梗塞とうつ病の関係

うつ病と脳梗塞の関係Pイメージ画像脳梗塞は、脳の血管に障害が起きて発症します。

この障害の起こる場所が、脳の気分や感情を司っている部分だった場合、うつ病傾向になってしまうことが少なくないようです。

また、脳梗塞後は、生活環境が大きく変化します。治療もそうですし、後遺症によって満足に身体が動かせないこともあり得ます。

こういった生活環境のストレスや、脳自身の障害によって、脳梗塞患者の実に2~4割がうつ病を発症してしまうと言われています。

うつ病の原因となる生活環境の変化の一例

  • もしかしたら突然死んでしまうのではないかという恐怖。
  • 思い通りに体が動かず、今まで当然だったことができない苛立ち。
  • なじみのない場所にいることの寂しさ。
  • 周囲から同情・憐れみを受ける肩身の狭さ。
  • 職場への復帰や将来への漠然とした不安感・疎外感。

一概にこれが原因でうつ病になる、というわけではありませんが、脳梗塞患者にはうつ病になりやすい傾向があることは覚えておくと良いでしょう。

見逃してはいけないうつ病の初期症状

うつ病と脳梗塞の関係Pリハビリを頑張る男性のイメージ

一般的に、脳梗塞が原因のうつ病は、周囲に気づかれにくいとされています。

病気の影響で元気がないと思われてしまうというのが、その理由です。
しかし、もし気づかずにうつ病を放置してしまうと、社会復帰も遅れてしまうため、注意が必要。

脳梗塞は、多くの場合、リハビリによるトレーニングが必要になってきます。そして、リハビリには、本人のやる気・気力が不可欠です。

周囲からいくらはたらきかけたところで、本人の気力・やる気がなければ、そもそもリハビリは成立しないのです。

また、うつ症状は、それだけで生活の質を低下させてしまいます。

脳梗塞の後に、諦観や無気力状態が続くようなら、予防の意味でも早目に治療に踏み切ることが肝心と言えます。

 
わかりやすい脳梗塞の予防ガイド