ナットウキナーゼの脳梗塞予防効果をチェック

ナットウキナーゼといえば納豆に含まれていることはもう常識です。血液凝固を促すフィブリンを分解する働きを持ち、血栓予防に効果があります。
そのため、血液をサラサラにする酵素として注目されている成分。そのほかにもナットウキナーゼがもたらす健康効果についてまとめています。

ナットウキナーゼとはどのような成分?

ナットウキナーゼは、納豆のネバネバ部分に含まれるタンパク質を分解する酵素のひとつです。納豆は納豆菌を発酵させることでつくられますが、発酵過程でナットウキナーゼをはじめ、タンパク質やビタミンなどが生成されます。

1925年に北海道帝国大学の大島先生が、精製および性質について報告。その後もさまざまな研究報告が行われ、1980年代に血栓の素となるタンパク質である「フィブリン」を分解する酵素として「ナットウキナーゼ」と命名されました。

ナットウキナーゼは血栓を溶かしやすくする作用があります。血栓は深夜から早朝にかけてできるため、夕食後か就寝前に摂取すると◎。また熱に弱いという性質を持っているので、納豆から摂取したいときは加熱せずに食べるようにしましょう。

ナットウキナーゼの効果効能一覧

ナットウキナーゼには血栓の主成分であるフィブリンを分解する作用がある酵素です。怪我をしたときに血管から出血すると、損傷した部分を修復させる機能が働きます。止血する役割がある血小板が集まり血栓がつくられることで、出血が止まるのです。

血液がサラサラで健康な状態だと、つくられた血栓は時間が経つとともに血液中の酵素に溶かされます。ですが不規則な生活や乱れた食生活によって血液がドロドロの状態だと、血栓を溶かす酵素の働きが弱まり血栓がどんどん大きくなっていくことに。その結果、血管が詰まりやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞などの病気を引き起こす原因となるのです。

ナットウキナーゼは血栓を溶かしやすくする働きで、血管を詰まらせるのを防ぐ効果が期待できます。血栓は深夜から早朝にかけて形成されやすいため、夕食後あるいは寝る前にナットウキナーゼを摂取すると効果的。そのほかにも、ナットウキナーゼには高血圧の予防やコレステロール値を下げる作用もあります。

血栓溶解効果

納豆には血栓溶解を促進させるナットウキナーゼが含まれていますが、反対に血液凝固を促すビタミンK2も含まれています。そのため、食品の納豆よりもビタミンK2を含まないナットウキナーゼのほうが◎。優れた血栓溶解作用があります。

血液を固まりにくくする医薬品「ワルファリン」を服用している血栓症患者は、ビタミンK2を含む食品の摂取を医師から制限されるため、納豆の血栓溶解作用を活かすことができません。
ですがナットウキナーゼならワルファリンを服用している方でも、安心して摂取が可能。実際に臨床試験でも、ナットウキナーゼとワルファリンを併用することで血栓予防として有効に働き、安全性も高いことが確認されています。

血圧降下作用

ナットウキナーゼが持つ血栓を溶かしやすく作用により、血圧降下の効果も期待できます。心臓から全身に毎分4~5ℓの血液が送り出されており、そのときに血液が動脈にかける圧力が血圧のことです。
血圧が高いままだと頭痛やめまい、手足のしびれなどの症状のほかに、動脈硬化を引き起こす原因になるおそれも。また、圧力がかかりすぎることで血管が破れやすくなり、脳出血を発症する可能性も高くなります。

日本ナットウキナーゼ協会の研究情報によると、ナットウキナーゼの摂取が高血圧の予防・治療に有効な役割を果たすことが確認されたそうです。ナットウキナーゼが血圧を下げることで高血圧予防になり、動脈硬化や心筋梗塞といった合併症の防止にもつながります。

血流改善効果

血流が悪くなるのは血栓や中性脂肪、コレステロールの増加などが原因です。ナットウキナーゼには血栓を溶かしてくれる作用があるので、ドロドロの血液をサラサラに変える効果が期待できます。

日本ナットウキナーゼ協会の研究情報では、ナットウキナーゼを摂取すると血流促進効果が認められ、肩こりの緩和といった体感が確認されたそう。

また、わかさ生活が運営する「わかさの秘密」の研究情報欄にも、血流改善効果があると記述されています。ヒト血液サンプルにナットウキナーゼを投与して30分間かき混ぜたところ、赤血球が固まるのを抑制する作用があることから、血流改善効果が確認されたそうです。

コレステロール値を下げる効果

ナットウキナーゼは血液中のコレステロール値を下げる働きのある成分。コレステロールは細胞をつくるうえで重要な存在ですが、摂り過ぎてしまわないように注意が必要です。コレステロールの増加は、脂質異常症・動脈硬化・脳梗塞・心筋梗塞といった病気を引き起こす原因となります。

また、年齢を重ねていくうちに基礎代謝が低下していき、コレステロールが増加しやすくなるのだとか。わかさ生活が運営する「わかさの秘密」の研究情報欄によると、ナットウキナーゼは高コレステロール血症予防効果が期待できると記述されています。
高脂血症患者30名を対象にナットウキナーゼを摂取させたところ、血中総コレステロールの減少が確認されたそうです。

ナットウキナーゼを摂るとなぜ脳梗塞が予防できるのか

納豆特有のネバネバ成分のひとつがナットウキナーゼ。血流を悪くさせる血栓を溶かす働きが非常に高いです。薬に匹敵するとまで言われており、ナットウキナーゼが持つ血栓溶解作用によって動脈硬化の予防効果があることは研究結果で実証されています。

脳梗塞を引き起こす原因のひとつが動脈硬化。そのため、動脈硬化の防止効果のあるナットウキナーゼを摂取することで、結果的に脳梗塞の予防につながるのです。

また、高血圧も脳梗塞を引き起こす原因のひとつ。ナットウキナーゼは血栓を溶かしやすくする作用により血圧を下げる効果もあります。動脈硬化と同様に高血圧の発症を防ぐことで、脳梗塞の予防につながるのです。

ナットウキナーゼは納豆から摂取できますが、熱に弱いという性質を持っているので加熱せずに食べるのがおすすめ。納豆にはビタミンK2も含まれており、血栓を固まりやすくする作用があるので、食べ過ぎないように注意しましょう。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献

■特集2:注目の血液サラサラ成分・酵素とは≫≫