ナットウキナーゼの脳梗塞予防効果をチェック

ナットウキナーゼといえば納豆に含まれていることはもう常識です。血液凝固を促すフィブリンを分解する働きを持ち、血栓予防に効果があります。
そのため、血液をサラサラにする酵素として注目されている成分。そのほかにもナットウキナーゼがもたらす健康効果についてまとめています。

ナットウキナーゼとはどのような成分?

ナットウキナーゼは、納豆のネバネバ部分に含まれるタンパク質を分解する酵素のひとつです。納豆は納豆菌を発酵させることでつくられますが、発酵過程でナットウキナーゼをはじめ、タンパク質やビタミンなどが生成されます。

1925年に北海道帝国大学の大島先生が、精製および性質について報告。その後もさまざまな研究報告が行われ、1980年代に血栓の素となるタンパク質である「フィブリン」を分解する酵素として「ナットウキナーゼ」と命名されました。

ナットウキナーゼは血栓を溶かしやすくする作用があります。血栓は深夜から早朝にかけてできるため、夕食後か就寝前に摂取すると◎。また熱に弱いという性質を持っているので、納豆から摂取したいときは加熱せずに食べるようにしましょう。

ナットウキナーゼの効果効能一覧

ナットウキナーゼには血栓の主成分であるフィブリンを分解する作用がある酵素です。怪我をしたときに血管から出血すると、損傷した部分を修復させる機能が働きます。止血する役割がある血小板が集まり血栓がつくられることで、出血が止まるのです。

血液がサラサラで健康な状態だと、つくられた血栓は時間が経つとともに血液中の酵素に溶かされます。ですが不規則な生活や乱れた食生活によって血液がドロドロの状態だと、血栓を溶かす酵素の働きが弱まり血栓がどんどん大きくなっていくことに。その結果、血管が詰まりやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞などの病気を引き起こす原因となるのです。

ナットウキナーゼは血栓を溶かしやすくする働きで、血管を詰まらせるのを防ぐ効果が期待できます。血栓は深夜から早朝にかけて形成されやすいため、夕食後あるいは寝る前にナットウキナーゼを摂取すると効果的。そのほかにも、ナットウキナーゼには高血圧の予防やコレステロール値を下げる作用もあります。

血栓溶解効果

納豆には血栓溶解を促進させるナットウキナーゼが含まれていますが、反対に血液凝固を促すビタミンK2も含まれています。そのため、食品の納豆よりもビタミンK2を含まないナットウキナーゼのほうが◎。優れた血栓溶解作用があります。

血液を固まりにくくする医薬品「ワルファリン」を服用している血栓症患者は、ビタミンK2を含む食品の摂取を医師から制限されるため、納豆の血栓溶解作用を活かすことができません。
ですがナットウキナーゼならワルファリンを服用している方でも、安心して摂取が可能。実際に臨床試験でも、ナットウキナーゼとワルファリンを併用することで血栓予防として有効に働き、安全性も高いことが確認されています。

血圧降下作用

ナットウキナーゼが持つ血栓を溶かしやすく作用により、血圧降下の効果も期待できます。心臓から全身に毎分4~5ℓの血液が送り出されており、そのときに血液が動脈にかける圧力が血圧のことです。
血圧が高いままだと頭痛やめまい、手足のしびれなどの症状のほかに、動脈硬化を引き起こす原因になるおそれも。また、圧力がかかりすぎることで血管が破れやすくなり、脳出血を発症する可能性も高くなります。

日本ナットウキナーゼ協会の研究情報によると、ナットウキナーゼの摂取が高血圧の予防・治療に有効な役割を果たすことが確認されたそうです。ナットウキナーゼが血圧を下げることで高血圧予防になり、動脈硬化や心筋梗塞といった合併症の防止にもつながります。

血流改善効果

血流が悪くなるのは血栓や中性脂肪、コレステロールの増加などが原因です。ナットウキナーゼには血栓を溶かしてくれる作用があるので、ドロドロの血液をサラサラに変える効果が期待できます。

日本ナットウキナーゼ協会の研究情報では、ナットウキナーゼを摂取すると血流促進効果が認められ、肩こりの緩和といった体感が確認されたそう。

また、わかさ生活が運営する「わかさの秘密」の研究情報欄にも、血流改善効果があると記述されています。ヒト血液サンプルにナットウキナーゼを投与して30分間かき混ぜたところ、赤血球が固まるのを抑制する作用があることから、血流改善効果が確認されたそうです。

コレステロール値を下げる効果

ナットウキナーゼは血液中のコレステロール値を下げる働きのある成分。コレステロールは細胞をつくるうえで重要な存在ですが、摂り過ぎてしまわないように注意が必要です。コレステロールの増加は、脂質異常症・動脈硬化・脳梗塞・心筋梗塞といった病気を引き起こす原因となります。

また、年齢を重ねていくうちに基礎代謝が低下していき、コレステロールが増加しやすくなるのだとか。わかさ生活が運営する「わかさの秘密」の研究情報欄によると、ナットウキナーゼは高コレステロール血症予防効果が期待できると記述されています。
高脂血症患者30名を対象にナットウキナーゼを摂取させたところ、血中総コレステロールの減少が確認されたそうです。

組み合わせの良い他の栄養素

糖質

ナットウキナーゼを納豆から摂取する場合、糖質との組み合わせがおすすめです。納豆と糖質といえば納豆ご飯ですが、納豆の中にはビタミンB2、パントテン酸などの栄養素を含まれており、白米から摂取した糖質を効率的にエネルギーに変換してくれます。

そのため、納豆は糖質と一緒に摂取すれば、糖質の代謝を促進して、肥満予防効果も期待できます。肥満は脳梗塞の原因の一つなので、脳梗塞予防の方法としても良いでしょう。

アリシン

アリシンはにんにくや玉ねぎ、ニラ、長ネギなどに含まれる栄養素で、血液をサラサラにする働きがあります。つまり、ナットウキナーゼと同様の働きをするため、血栓の生成を更に強力に予防してくれるでしょう。

アリシンもナットウキナーゼも熱に弱い成分なので、食品から摂取する場合は、なるべく加熱を避けるようにしてください。ただし、アリシンはすり潰す、刻むなどの加工で生成される栄養素なので、納豆の中に細かく切ったネギや玉ねぎを混ぜて頂くと最適です。

組み合わせの悪い他の栄養素

アビジン

納豆を食べる場合は、生卵に含まれている「アビジン」という栄養素と一緒に摂取すると、納豆に含まれるビオチンの効果が低下すると言われています。

納豆に含まれるビオチンは、ビタミンB群の一種で、肌や髪、爪を美しく保つ効果があるとされ、コラーゲンの生成を促進させることによって、コラーゲンから作られるケラチンの生成をサポートし、髪や爪を美しく保ちます。頭皮の血行を改善する働きもあるため、艷やかな髪を成長させるためにも役立つでしょう。

また、皮膚のトラブルを解消する働き、新陳代謝を向上させる働きなどもあるため、健康的な肌を維持するためにも必要な成分です。

アビジンは生卵の中の卵白部分に含まれている栄養素なので、納豆に卵を混ぜるときは、卵黄だけを混ぜるのがおすすめ。ただし、これは納豆を食べたときの話なので、サプリメントなどでナットウキナーゼ単体として摂取する場合には、アビジンとの摂取は考えなくても良いでしょう。

抗血栓薬

栄養素ではありませんが、ナットウキナーゼとの組み合わせに気をつけたいものとして、抗血栓薬が挙げられます。例を挙げると、血栓や塞栓が作られることを抑制する「アスピリン」、溶血作用がある「ドパコール」などのパーキンソン病に用いられる医薬品等です。

ナットウキナーゼには血液をサラサラにする働きがあるため、これらの医薬品と組み合わせると、出血傾向になってしまう恐れがあります。この事例として、2009年に次のような報告もなされました。

・脳卒中歴があり、抗高血圧薬、アスピリン(100mg/日)、抗パーキンソン薬を摂取していた52歳の女性が、ナットウキナーゼ400mg/日を7日間摂取し、小脳の急性出血を再発したという報告がある。

出典:「健康食品」の安全性・有効性情報『2009年12月更新の素材情報データベース』

このように、脳梗塞予防のためのナットウキナーゼが、脳出血の可能性を高めてしまう恐れもあるため、抗血栓薬、溶血作用のある医薬品を服用している方は、医師に相談の上摂取するようにしてください。

ナットウキナーゼを摂るとなぜ脳梗塞が予防できるのか

納豆特有のネバネバ成分のひとつがナットウキナーゼ。血流を悪くさせる血栓を溶かす働きが非常に高いです。薬に匹敵するとまで言われており、ナットウキナーゼが持つ血栓溶解作用によって動脈硬化の予防効果があることは研究結果で実証されています。

脳梗塞を引き起こす原因のひとつが動脈硬化。そのため、動脈硬化の防止効果のあるナットウキナーゼを摂取することで、結果的に脳梗塞の予防につながるのです。

また、高血圧も脳梗塞を引き起こす原因のひとつ。ナットウキナーゼは血栓を溶かしやすくする作用により血圧を下げる効果もあります。動脈硬化と同様に高血圧の発症を防ぐことで、脳梗塞の予防につながるのです。

ナットウキナーゼは納豆から摂取できますが、熱に弱いという性質を持っているので加熱せずに食べるのがおすすめ。納豆にはビタミンK2も含まれており、血栓を固まりやすくする作用があるので、食べ過ぎないように注意しましょう。

1日の摂取量の目安

ナットウキナーゼの1日の摂取量の目安は「2,000FU」とされています。1日2,000FUの摂取目安は、納豆機能性物質の品質や安全性を普及している「日本ナットウキナーゼ協会」によって推奨されている数値です。

1日に2,000FUのナットウキナーゼを摂取することで、血栓を溶かす作用が期待できると言われています。2,000FUというナットウキナーゼの量は、食品としての納豆のパック数に換算すると、1パック50g入りで1~2パック分に相当するそうです。

公益財団法人 日本健康・栄養食品協会の定めによると、ナットウ菌エキス含有食品には1,000~1,999FU、ナットウ菌加工食品には2,000FU以上のナットウキナーゼが含まれていなければいけません。

ナットウキナーゼの単位「FU」とは?

ナットウキナーゼの単位として用いられる「FU」は、ナットウキナーゼ自体の量を表す単位ではありません。この単位は、「フィブリン分解ユニット(Fibrin split Unit)」の頭文字をとったもので、ナットウキナーゼの活性を表す単位として使われています。

ナットウキナーゼの働きである「活性」を測定する方法として、「フィブリン分解法」というものがあります。フィブリン分解法は、血栓を分解する力を測定する方法なので、FUの数値が大きくなればなるほど、ナットウキナーゼの血栓溶解効果が高いということになります。

FUという単位は、倉敷芸術科学大学の須見洋行教授と株式会社日本生物.科学研究所によって共同開発されたものですが、アメリカやEU、韓国、台湾などでも利用されています。

ナットウキナーゼ2,000FU摂取時の検証結果報告

ナットウキナーゼ2,000FUの摂取は、血栓を溶解させるために有効だとされていますが、国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所のデータベースには、血圧への効果を検証した結果の報告が掲載されています。次の報告は、2008年に韓国で行われたものです。

・高血圧予備群の男女86名 (試験群44名、平均47.6±1.78歳、韓国) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、ナットウキナーゼ2,000 FU (フィブリン分解ユニット) /日を8週間摂取させたところ、拡張期および収縮期血圧、血漿レニン活性の低下が認められたが、血漿ACE活性に影響は認められなかった。

出典:「健康食品」の安全性・有効性情報『2015年11月更新の素材情報データベース I』

「血漿レニン」というのは血液中にある酵素のことで、交感神経などで調整されています。血漿レニンが活性化すると、体内のナトリウム量を増やし、血管を収縮させるため血圧が上昇します。

この検証結果によると、ナットウキナーゼ2,000FUは血栓を溶解させるだけでなく、血圧を低下させる効果も期待できるということになります。ナットウキナーゼの摂取は、これらの2つの側面から、脳梗塞予防に大きな効果をもたらしてくれるでしょう。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献

■特集2:注目の血液サラサラ成分・酵素とは≫≫