わかりやすい脳梗塞の予防ガイド

わかりやすい脳梗塞の予防ガイド

脳梗塞の治療・リハビリ・再発防止のためのサイト

脳梗塞の予防ガイド HOME » 必ず知っておくべき脳梗塞のこと » 脳卒中とは

脳卒中とは

脳卒中と脳梗塞の違いはあるのかについて解説しているページです。予防・対策のためにぜひ参考にしてください。

意外と知らない「脳梗塞」と「脳卒中」の違いとは?

「脳梗塞」は「脳卒中」の種類のひとつ

「脳梗塞」と「脳卒中」の違いとは

脳の重篤な病気・症状として、誰もが思い浮かべるのが「脳梗塞」「脳卒中」「くも膜下出血」などではないでしょうか?

これらの症状に違いはあるのでしょうか。

まず知っておいていただきたいのが、「脳卒中」というのは、脳の血管に対して、異常が起きる病気・症状の「総称」ということ。

脳卒中にはいろいろな種類があり、その種類として、脳梗塞、脳血栓症、くも膜下出血、脳出血などがあります。

脳卒中はおもに2つの症状に分けられます。

1.脳の血管が詰まる脳卒中

  • 脳梗塞(のうこうそく)…脳の血管が詰まる、狭くなり、血流が悪化する
  • 脳血栓症(のうけっせんしょう)…脳の太い血管が動脈硬と血の塊によって狭くなる。また、高血圧が原因になる場合も
  • 脳梗栓症(のうこうせんしょう)…心臓などでできた血の塊が脳に流れ、血管を塞ぐ
  • 一過性脳虚血発作(いっかせいきょけつほっさ)…一時的に脳の血管が詰まるが、すぐに血流が戻る。脳梗塞の前兆として起こることも

2.脳の血管が破ける脳卒中

  • 脳出血…脳の細かい血管が破れ、出血する
  • くも膜下出血…脳の表面の太い血管にこぶ(動脈瘤)ができ、これが破れ、くも膜の下に出血する

 

 
わかりやすい脳梗塞の予防ガイド