水分補給を正しくする

脳梗塞予防のために心がけたい、正しい水分補給の方法についてご紹介しています。水分補給のタイミングや適切な量、摂取する水分の種類、水分不足によるリスクについても必見です。

脳梗塞の予防と水分摂取の関係性

水分摂取脳梗塞の予防や再発防止に、水分補給は重要です。なぜなら、脱水症状になると血液の流れが悪くなり、血液の粘度が増して血管が詰まりやすくなるからです。

人間の身体は、約60~70%が水分。健康な状態を保つためには、汗や尿で排出される水分量と、外部から補給する水分量のバランスを適切にキープする必要があります。

体内の水分が不足すると脳梗塞などのリスクが高まるほか、熱中症・心筋梗塞・低血圧症状・免疫不良などの症状を引き起こすことも。さまざまな健康障害を防ぐためにも、こまめな水分補給は大切なのです。

上手な水分補給の仕方

水分補給は「飲めばいい」というものではなく、適切なタイミングで摂取することが大切です。脳梗塞を予防するための水分補給で、心がけたいポイントは以下の通り。

■水分補給は早め早めが◎
水分補給は、とくに汗をかいていなくてもこまめに行うことが大切。水分を摂取しても、身体全体に行き渡るまでには15~20分程度かかります。水を飲んですぐに血流が改善するワケではないので、こまめに補給しておくことが重要なのです。
タイミングとしては、就寝前・起床時・入浴の前後・のどが渇く前など。外出中などでもスムーズに水分補給できるよう、水筒などを持ち歩くとよいでしょう。

■適切な摂取量
人間は、1日に1.5~2リットルの水分が必要だと言われています。しかし、これらの量をすべて水で摂る必要はありません。食事・食品に含まれている水分からも摂取できますし、炭水化物・たんぱく質を分解される際にも水は生成されます(代謝水)。
多量の水を摂取しなくても体内の水分出納は保たれているので、量としてはコップ1杯程度でOKです。水を過剰摂取すると「水中毒」という病気になる恐れもあるため、くれぐれも注意しましょう。

■摂取するものに注意
効率よく身体に水分を補給するためには、水そのものを摂取した方が◎。コーヒーやビールなどでも補給はできますが、これらに含まれるカフェイン・アルコールには利尿作用があるため、飲んだ量以上に尿として排出されてしまうことがあるのです。
スポーツや外出などで汗をかきやすいときは、水よりもスポーツドリンクの方が適切。吸収がスピーディーであることと、汗と共に排出された塩分・ミネラルの補給もできるからです。ただし、スポーツドリンクは糖分を多く含む清涼飲料水でもあります。飲み過ぎには気をつけて。

■夏場はとくに気をつけましょう
夏場は汗をかくため知らず知らずに体内の水分が不足し、脱水症状を起こしやすくなります。血液の粘性も高くなり詰まりやすくなるため、とくにこまめな水分補給が必要。屋外でのスポーツ・外出、風邪による発熱・下痢などの症状には要注意です。
さらに気をつけたいのが、これといった症状が出にくい「かくれ脱水」。かくれ脱水はいつでもどこでも発生しますが、とくに注意すべきは室内・運転中・夜間です。部屋の中だから、運転中だから、夜中トイレに行きたくないからといった理由で水分補給を怠ると、いつの間にか脱水症状が進行しているケースがあります。

脳梗塞を予防するためには、危険因子である高血圧・糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病を防ぐことが、もっとも大事なポイントのひとつ。そのためには、栄養バランスのとれた食生活が必須です。

手軽に、バランスよく栄養を補給するには、健康食品やサプリメントを利用するのもおすすめ。このサイトでは、脳梗塞予防に役立つとされる健康食品・サプリメントの含有成分を紹介していますので、参考にしてください。

脳梗塞の予防に取り入れられる
健康食品・サプリメントの成分まとめ