脳梗塞の原因と種類を知る

脳梗塞は血管が詰まることで発症するもの、とひとくくりでまとめてしまうことが多いのですが、その原因や種類はさまざま。予防したいと思っていても、原因がわからないと、間違った予防策を行うことになる可能性も。まずはなぜ発症するのかを把握して、適切な予防をおこないましょう。

原因により3つの種類に分かれる脳梗塞

脳梗塞は1種類だけではなく、3種類存在します。脳の細い血管がさらに狭くなることで詰まるラクナ梗塞、血栓ができ、流れ出すことで完全に詰まってしまうアテローム血栓性脳梗塞。血栓が剥がれて抹消の動脈を詰まらせてしまう心原性脳梗塞です。一言で脳梗塞といっても、詰まる血管の太さと原因でタイプが分かれます。

日本人に多いラクナ梗塞の原因は細い脳血管が狭くなって生じる梗塞

脳梗塞の中でも特に日本人に多いと言われているラクナ梗塞。脳梗塞になった人の半数近くがこのラクナ梗塞だと言われています。ラクナとは「小さなくぼみ」という意味を持つラテン語です。脳の数ある血管のうち、直径15mm以下の細い脳血管(穿通枝)がすぼまって狭くなり、最終的に詰まってしまうのが原因。この細い脳血管は脳の深い部分に血液を送り込んでいる重要な部分です。1本詰まってしまった場合、壊死する範囲は1.5cm以下なので、脳の深い部分で1.5cm以下の梗塞または壊死があった場合はラクナ梗塞の場合が多いでしょう。

侵される範囲が狭いので、他の脳梗塞よりも比較的症状が軽いことがほとんどです。主に片マヒ・感覚障害が起こり、意識障害になることはありません。なかなか発作や症状が見られないので、検査して初めてわかる場合が多いようです。

どのような症状があるか解説

ラクナ梗塞は症状が軽かった場合、一度や二度の発症では症状が自覚できない場合もあります。

また、高齢者に発症した場合、老化による症状、認知症による症状などと勘違いされてしまうこともあるほどです。

ですが、ラクナ梗塞が重症であった場合や、軽い症状のラクナ梗塞が複数回発症した場合は、はっきりとした自覚症状が現れます。

現れる可能性が高い症状については、次のようなものです。

  • 歩行が困難になる
  • 食べ物の咀嚼・飲み込みが困難
  • 片側の手足に麻痺が生じる
  • はっきりとした発音ができない
  • 指先の細かな動きが困難になる
  • ふるえやジストニアなどの錐体外路徴候
  • 認知症

これらの症状の中でも、ラクナ梗塞で特徴的な部分は、認知症の発症と深く関わりがあると言われているところです。

疫学研究の結果によると、脳梗塞を全く発症していない人よりも、ラクナ梗塞を発症した人の方が認知症検査の得点がかなり低くなりました。

さらに、大梗塞と呼ばれる大きな範囲の脳梗塞を発症した人よりも、ラクナ梗塞を発症した人の方が、得点が低いという結果に。

この結果を見る限り、他の脳梗塞を発症した場合に比べて、ラクナ梗塞を発症した場合の方が、認知症の症状が現れることが多いと言えるでしょう。

脳梗塞の予防・再発予防方法について詳しく見る>>

動脈硬化が原因のアテローム血栓性脳梗塞

脳の中でも頸動脈や脳血管といった太い血管の動脈硬化がきっかけで起こるアテローム血栓性脳梗塞。動脈硬化で血栓ができ、血液が詰まってしまうのが原因です。中梗塞とも呼ばれています。

名前にあるアテロームとは、動脈の内側にある壁に悪玉コレステロールが混ざることで、ドロドロとした液体ができる症状。このアテロームで動脈の幅が狭くなり、そこに血栓ができる、できた血栓が流れて先の方で詰まるといった症状を起こしてしまうのです。特に欧米人に多いと言われていますが、日本でも脳梗塞になる人の中で約20%がアテローム血栓性脳梗塞となっています。高脂血症、糖尿病、高血圧といった生活習慣病が原因で、知らぬ間に進行していることがあるので注意が必要です。

どのような症状があるか解説

アテローム血栓性梗塞の症状は、一般的に脳梗塞の症状として知られているような症状が多く見られます。

前兆としての症状は「一過性脳虚血発作」として現れますが、すぐに回復してしまうため、アテローム血栓性梗塞へ進行してしまうことが少なくありません。

一過性脳虚血発作は脳梗塞の前兆である疾患ですが、その症状は次のようになります。

  • 視界が真っ暗になる
  • はっきりとした発音ができない
  • 片側の手足が麻痺する
  • 言葉が出てこなくなる
  • 認知機能の低下
  • 歩行が困難になる
  • 記憶障害
  • 神経が麻痺する

これらの症状が一時的に現れて、一時間以内に改善してしまうのが一過性脳虚血発作の症状の特徴です。

一過性脳虚血発作の症状はアテローム血栓性梗塞の症状と同様で、アテローム血栓性梗塞を発症した場合は、これらの症状が後遺症として残る可能性があります。

また、アテローム血栓性梗塞はこれらの症状の他に、心筋梗塞や閉塞性動脈硬化症などの疾患を合併することもあるため、予後の管理が非常に大切になるでしょう。

脳梗塞の予防・再発予防方法について詳しく見る>>

心臓の血栓が原因の心原性脳梗塞

心原性脳梗塞とは、心臓で何かしらの異常が起こって発生した血栓が脳の血管を詰まらせてしまう症状。大梗塞とも呼ばれており、太い血管を詰まらせてしまうことで発症します。健康で正常な心臓の動きで血栓を作られることはないので、拍動のリズムや動きが乱れる、血液が鬱滞するといった場合に発症します。不整脈を含めた心房細動、拡張型心筋症、洞不全症候群、機械弁などが発症する原因の1つです。脳梗塞になった人のうち20~50%の方が心原性脳塞栓症だと言われています。特に予兆はなく、動脈が突然詰まってしまうので、気づいたときには脳梗塞の範囲が広がっていたという場合も。症状は強いマヒ、失語症、半側空間無視、感覚障害などがあります。意識障害に関しては、他の脳梗塞と比較して強いことがほとんどです。

どのような症状があるか解説

心原性脳梗塞は突然発症することがほとんどなので、前兆となる症状はないことが一般的です。

ですが、稀に徐々に進行するタイプの心原性脳梗塞もあり、その場合はアテローム血栓性梗塞のような前兆症状が現れます。

  • 食べ物・飲み物が口からこぼれる
  • 平衡感覚がなく真っすぐ歩けない
  • ろれつが回らず発音がはっきりしない
  • 片側の手足に麻痺が生じる

前兆としての症状が現れることは非常に珍しいですが、「心原性脳梗塞は突然発症する」という概念があるため、アテローム血栓性梗塞やラクナ梗塞と誤診される可能性も高いのが心原性脳梗塞です。

また、心原性脳梗塞はそもそもの原因が心臓にあるため、心臓への症状が現れる場合も多くなっています。

特に、心房細動、心臓弁膜症、心筋梗塞、心筋症などの心疾患を持っている方は、血栓が作られやすくなっているため注意が必要でしょう。

心臓の拍動リズムが不規則になるなど、心臓の動きに異変を感じた場合は、早めに病院に行って診察を受けることが、心原性脳梗塞の予防にも繋がります。

脳梗塞の予防・再発予防方法について詳しく見る>>

脳梗塞はどのようにして起こるのか

脳梗塞とは一言でいってもさまざまな原因で発生します。

何らかの原因で血管が細くなる、血の塊である血栓ができることによって血流が止まる(閉塞)など。それによって、脳に栄養や酸素が行きわたらず、脳細胞に障害が起こってしまうのです。血栓性・塞栓性・血行力学性の3種類の原因についてまとめています。

【血栓性】血栓が詰まることが原因で梗塞が起こる

動脈硬化によって血管の幅が狭くなり、結果的に血栓が原因で閉塞するのが血栓症です。また、血栓だけでなく、アテロームによって、血管の内側が狭くなる、膨らんだアテロームが破れて中身が排出するなどが原因で動脈が詰まってしまう場合もあります。血栓は、血管が損害されると失血を防ぐ役割をする血小板とフィブリンというタンパク質によって血が固まったもの(凝血塊)。また、血管が傷ついていない場合でも環境によって血栓が作られる場合があり、血管内を流れて塞栓となることもあります。特に前触れなく徐々に進行するので、自覚症状があまりありません。

【塞栓性】血栓や血管外から入った異物が原因で起こる

血栓や血管外から入った異物が原因で、血流が止められてしまうことを塞栓性と言います。心臓の不整脈によって血液が淀んでいると血栓ができやすいため、塞栓性の脳梗塞が起きやすいと言えるでしょう。血栓が血液中を遊離し、どこかしらの場所で滞り血管が塞がれてしまうメカニズムになっています。

また、コレステロールが原因のアテロームの表面にできた血栓が剥がれだして、動脈を詰まらせることも原因の1つ。特に前触れなく発症するケースが多く、脳の太い血管が詰まってしまうと重症に至ることもあります。心原性脳梗塞と同じメカニズムです。

【血行力学性】主幹動脈の閉塞が原因で血流が滞る

脳に栄養・酸素を送っている太い血管である主幹動脈がすぼまる、閉塞するといったことで血流が悪くなる血行力学性。動脈が大幅に狭くなり、辛うじて血液が流れている場合もあります。また、血管が完全に詰まっていても、それを補うために発達するほかの血管「側副血行路」という血流路のおかげでなんとか血液が流れているケースもあるので、症状がなかなか出ないことも。その場合、急激に血圧が下がる、脱水状態になるなどの症状が見られることがあり、それによって梗塞する場合もあるので注意が必要です。

血栓が動脈のどこを塞ぐかによって種類が異なる脳梗塞

脳は大脳・小脳・脳幹部の3つに分けられており、どの動脈がどのようなメカニズムで詰まるかで脳梗塞の重度が異なります。例えば大脳だと頸動脈、小脳・脳幹部だと椎骨や脳底動脈などそれぞれ異なった動脈によって血流が流れているのです。それぞれ働きは異なるため、脳の血管のどれか1つの組織が詰まってしまうと、そこの働きが止まることに。その部分の大きさ・位置などに応じた脳梗塞の症状が発症することになります。

原因についてまとめ

脳梗塞の原因は、血栓性、塞栓性、血行力学性の3つに分けられますが、これらの原因を見てみると、全てが「血液の流れが悪くなること」に起因していることが分かります。

非常に簡単にまとめてしまえば、脳梗塞の主な原因は次のようになるでしょう。

  1. 血液が固まって血栓を作る
  2. 血栓が血管を塞ぐ
  3. 血管が詰まって血液が流れなくなる

原因は3つに分けられていますが、結局は「血液がドロドロになって血栓が作られる」ということが一番の原因だと言えます。

例えば、動脈硬化が起きていても、血液がサラサラで正常に流れていれば、血栓が作られることもありません。

反対に、血管内部が狭くなっていなくても、血液がドロドロで一か所に溜まりやすくなっていたら、血栓ができる可能性があります。

この点から考えると、脳梗塞を予防するために最も大切なことは、「血液をサラサラな綺麗な状態に保つこと」だと言えます。

脳梗塞の予防・再発予防方法について詳しく見る>>

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献