わかりやすい脳梗塞の予防ガイド

わかりやすい脳梗塞の予防ガイド

脳梗塞の治療・リハビリ・再発防止のためのサイト

脳梗塞の予防ガイド HOME » 必ず知っておくべき脳梗塞のこと » 脳梗塞の種類と原因

脳梗塞の種類と原因

脳梗塞の治療ガイド脳梗塞の種類とその原因について詳しく解説。

アテローム血栓性脳梗塞・ラクナ梗塞・心原性脳塞栓それぞれの特徴と発生原因についてもまとめていますので、基礎知識としてぜひチェックしてください。

脳梗塞発生の原因(機序分類)

脳梗塞とは、脳の血管が何らかの原因で細くなったり(狭窄)血のかたまりが詰まる(閉塞)することで発生。

狭窄・閉塞が起きると脳に酸素や栄養が行き渡らなくなり、脳細胞が障害を受ける病気です。

脳血管が詰まる原因には、以下の3種類(機序分類)があります。

■血栓性
動脈硬化の病変によって血管の内壁が狭くなり、最終的には血栓(血のかたまり)によって閉塞するもの。症状は緩やかに進行することが多く、自覚症状に乏しいのが特徴。
人によっては一時的に麻痺・言語障害が発生し、その後改善する一過性脳虚血発作が見られるケースもあります。

■塞栓性
血栓が血管を閉塞させ、血流を止めてしまうものです。心房細動(心臓の不整脈)を持つ人は心臓内の血液が淀んで血栓ができやすいため、閉塞性の脳梗塞が起きやすいとされています。
症状は突発的に起きることが多く、太い脳血管が詰まって重症になるケースも多々見られます。

■血行力学性
脳の主幹動脈に狭窄・閉塞があり、血流が悪くなっているときに起こるもの。
このとき、急な血圧低下・脱水症状・貧血などが起こると血流が急激に減少し、脳梗塞に陥ることがあります。

脳梗塞の種類(臨床病型分類)

さらに脳梗塞は、閉塞する血管の太さ・詰まり方によって3タイプ(臨床病型分類)に分けられます。

■ラクナ梗塞
細い脳血管(直径15mm以下)が狭窄し、詰まって起こるのがラクナ梗塞。ラクナとは小さなくぼみという意味で、小梗塞とも呼ばれます。
主に高血圧が原因で起こることが多く、日本人に最も見られるタイプの脳梗塞。発作や症状が見られない無症候であることもあり、CT・MRIなどの検査で初めて発見されることも少なくありません。

■アテローム血栓性脳梗塞
比較的太い脳血管や頸動脈が動脈硬化(アテローム硬化)で狭窄し、血栓ができて詰まるのがアテローム血栓性脳梗塞。中梗塞とも呼ばれます。
アテローム(粥腫:じゅくしゅ)とは、動脈の内壁に悪玉コレステロールが混ざり込み、おかゆのようにドロッとした固まりができる症状です。
原因の多くは、高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病。日々の生活の中で徐々に進行し、発症の可能性が高まっていきます。

■心原性脳塞栓
心臓にできた血栓が、脳の太い血管を詰まらせるのが心原性脳塞栓。大梗塞とも呼ばれます。
主な原因は、心臓に血栓を作りやすい心房細動(不整脈)。他に、機械弁・洞不全症候群・拡張型心筋症なども原因の1つとされています。

脳梗塞の予防に重要なポイント

脳梗塞を予防するためには、危険因子である高血圧・糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病を防ぐことが、もっとも大事なポイントのひとつ。そのためには、栄養バランスのとれた食生活が必須です。

手軽に、バランスよく栄養を補給するには、健康食品やサプリメントを利用するのもおすすめ。このサイトでは、脳梗塞予防に役立つとされる健康食品・サプリメントの含有成分を紹介していますので、参考にしてください。

脳梗塞の予防に取り入れられる
健康食品・サプリメントの成分まとめ

 
このサイトは、管理人が独自に調べた情報をもとに制作しています(2017年7月時点)。
健康食品などの情報は、必ず公式ホームページなどで確認するようにしてください。
また、脳梗塞の予防や治療については、医師の指示に従ってください。

わかりやすい脳梗塞の予防ガイド