わかりやすい脳梗塞の予防ガイド

わかりやすい脳梗塞の予防ガイド

脳梗塞の治療・リハビリ・再発防止のためのサイト

脳梗塞の予防ガイド HOME » 必ず知っておくべき脳梗塞のこと » 脳出血とは

脳出血とは

脳出血とは?脳梗塞との違いや予防法、原因、治療法などをまとめているページです。

脳出血と脳梗塞の関係性とは

脳梗塞と脳出血とは、どのような違いがあるのでしょうか。

簡潔に説明しますと、脳出血も脳梗塞も「脳卒中」の種類のうちのひとつです。

脳卒中には、「血管が詰まる」ものと、「血管が破れる」ものの2に分かれ、脳梗塞は、前者、脳出血は後者となります。

脳の血管が破れることで起きる脳出血。その原因や、予防法、治療法とは?

脳出血の原因

脳出血の原因

もっとも多い脳出血の原因は高血圧といわれてます。

高血圧により、脳の深部に栄養を送るための動脈が硬化。
そのまま放置することで、血管はしなやかさを失い、血圧の変化に耐えられなくなります。
そして、血圧が上がった時に、血管が破れて出血してしまうのです。

もうひとつの原因は、脳血管の病気です。

硬膜動静脈瘻(こうまくどうじょうみゃくろう)や脳動静脈奇形(のうどうじょうみゃくきけい)などが挙げられます。

脳出血の治療法

脳出血の治療法には、おもに2つの方法があります。

  • 薬物治療

脳出血の患者のほとんどが、高血圧が原因。脈拍、血圧ともに不安定なため、絶対安静が必要となります。

血圧がいちじるしく高い場合は血圧降下剤を使い、安定させることも。

その後、運動麻痺などの症状はある場合、リハビリなどを行います。

  • 手術

脳の中の血腫を減らし、脳へのダメージを減らすことが最大の目的です。
しかし、脳出血によってダメージを受けた機能を回復させる手術法は無いのだそう。そのため、すべての脳出血に手術が適用されてはいないようです。

脳出血の予防法とは

脳出血を予防するには、最大の原因である、「高血圧」にならないことが重要です。

高血圧を引き起こす、生活習慣についてまとめてみました。

  • 煙草の吸い過ぎ…1日40本以上の煙草を吸う人は、非喫煙者にべて脳卒中のリスクが4倍も高い
  • 大量の飲酒…1日1合以上、飲酒する人は、脳卒中のリスクが高い
  • 運動不足…食事から摂取したエネルギーが消費しきれない。高血圧だけでなく、肥満や糖尿病、脂質異常症になる恐れも
  • 肥満…高血圧や糖尿病の原因になる

脳梗塞の予防に重要なポイント

脳梗塞を予防するためには、危険因子である高血圧・糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病を防ぐことが、もっとも大事なポイントのひとつ。そのためには、栄養バランスのとれた食生活が必須です。

手軽に、バランスよく栄養を補給するには、健康食品やサプリメントを利用するのもおすすめ。このサイトでは、脳梗塞予防に役立つとされる健康食品・サプリメントの含有成分を紹介していますので、参考にしてください。

脳梗塞の予防に取り入れられる
健康食品・サプリメントの成分まとめ

 
このサイトは、管理人が独自に調べた情報をもとに制作しています(2017年7月時点)。
健康食品などの情報は、必ず公式ホームページなどで確認するようにしてください。
また、脳梗塞の予防や治療については、医師の指示に従ってください。

わかりやすい脳梗塞の予防ガイド