高血圧

生活習慣病のひとつである高血圧は多くの方に該当する一般的な病ですが、恐ろしい脳梗塞へとつながってしまう可能性は否定できません。

ここでは、高血圧の特徴や原因、脳梗塞との関係について学びましょう。

高血圧の原因や特徴

高血圧を起こしてしまう原因として考えられるのは、元々の体質と生活習慣です。両親とも高血圧である人は、遺伝的に高血圧になりやすい傾向がありますし、遺伝的に問題がない方でも、生活習慣によって血圧が上がりやすくなることがあります。ストレスが多い生活や塩分と脂肪分の多い食事、運動不足、血管の老化などが要因となって、血圧を上げてしまうのです。

高血圧そのものは、それほど自覚症状がありませんから、そのまま放置している方も多いのが事実。しかし、高血圧の恐ろしさは、動脈硬化などほかの重大な病気を引き起こしてしまう可能性が高い点にあります。

血圧が高めの血管は、老化が進んで傷ついていたり、血管内部にコレステロールなどの脂質が溜まって血流を阻害してしまうケースが多く、これを動脈硬化と呼んでいます。高血圧と診断されたら、まずは動脈硬化が起こっていないか注意する必要があります。

高血圧と脳梗塞の関係

血圧は心臓の血液が、血管の内壁に加える圧力です。高血圧だと血管や心臓に無理な力が加わって、血管の壁が傷んでいき「動脈硬化」が徐々に進行していきます。

脳の血管は細い血管がダメージを受けると、小さなこぶ(微小動脈瘤)ができてしまいます。血管の壁が次第にぼろぼろになって血流も乱れ、血栓が形成。血栓が詰まると「ラクナ梗塞」という名の脳梗塞を発症し、血管が切れれば高血圧性の脳出血に至ります。

一方、脳の太い血管で動脈硬化が起こると、血管の内側におかゆ状のかたまりができて詰まりやすくなり「アテローム血栓性脳梗塞」という脳梗塞を引き起こします。

高血圧だと心筋の細胞に負担がかかって、不整脈(心房細動)や心不全を発症しがちに。心房細動が原因で「心原性脳塞栓症」の後遺症が残る可能性もあり、ひいては死亡率の高い脳梗塞を発症しやすくなります。

日本は昔から、高血圧の人が多い国です。なかでもラクナ梗塞や脳出血の人が多く見られる傾向でした。

しかし最近の日本では心臓から血液を送る大動脈や、大動脈からの血液を脳に送る頸動脈などの太い血管の動脈硬化が原因のアテローム血栓性脳梗塞、心臓にできた血栓が原因の心原性脳塞栓症が増えているといわれています。

高血圧だけならさほど大きな症状は現れません。ただし、動脈硬化が起きていると話は別。動脈硬化は血管を劣化させて血流を阻害するので、心臓や脳の血管障害などの命に関わる重大な病気を起こしてしまう可能性があるのです。

高血圧と診断されたら…効果的な対策とは

健康診断などで血圧が高めであることを指摘されたら、血圧をコントロールして恐ろしい合併症を防ぐ対策を考えなければなりません。

低リスクまたは中等度の高血圧であれば、まずは食事の内容を見直したり、禁煙や習慣的な運動を取り入れたりして生活改善を行い、血圧が下がるかどうかを確認します。

1ヶ月〜3ヶ月程度経過しても血圧が下がらないようなら、降圧薬で治療を行います。重度の高血圧なら、すぐに降圧薬を処方されます。