高血圧

生活習慣病のひとつである高血圧は多くの方に該当する一般的な病ですが、恐ろしい脳梗塞へとつながってしまう可能性は否定できません。

ここでは、高血圧の特徴や原因、脳梗塞との関係について学びましょう。

高血圧の原因や特徴

高血圧を起こしてしまう原因として考えられるのは、元々の体質と生活習慣です。両親とも高血圧である人は、遺伝的に高血圧になりやすい傾向がありますし、遺伝的に問題がない方でも、生活習慣によって血圧が上がりやすくなることがあります。ストレスが多い生活や塩分と脂肪分の多い食事、運動不足、血管の老化などが要因となって、血圧を上げてしまうのです。

高血圧そのものは、それほど自覚症状がありませんから、そのまま放置している方も多いのが事実。しかし、高血圧の恐ろしさは、動脈硬化などほかの重大な病気を引き起こしてしまう可能性が高い点にあります。

血圧が高めの血管は、老化が進んで傷ついていたり、血管内部にコレステロールなどの脂質が溜まって血流を阻害してしまうケースが多く、これを動脈硬化と呼んでいます。高血圧と診断されたら、まずは動脈硬化が起こっていないか注意する必要があります。

高血圧と脳梗塞の関係

高血圧だけなら、それほど大きな症状は現れませんが、動脈硬化が起きていると話は別。動脈硬化は血管を劣化させて血流を阻害するので、心臓や脳の血管障害などの命に関わる重大な病気を起こしてしまう可能性があるのです。

動脈硬化が脳で起これば、脳細胞への血流が滞って細胞が壊死し脳梗塞につながってしまいます。高血圧の持病がある方が、すべて脳梗塞を起こしてしまうわけではありませんが、高血圧から動脈硬化へと進んでしまうと、脳梗塞の危険性が出てくることを認識しておきましょう。

高血圧と診断されたら…効果的な対策とは

健康診断などで血圧が高めであることを指摘されたら、血圧をコントロールして恐ろしい合併症を防ぐ対策を考えなければなりません。

低リスクまたは中等度の高血圧であれば、まずは食事の内容を見直したり、禁煙や習慣的な運動を取り入れたりして生活改善を行い、血圧が下がるかどうかを確認します。

1ヶ月〜3ヶ月程度経過しても血圧が下がらないようなら、降圧薬で治療を行います。重度の高血圧なら、すぐに降圧薬を処方されます。