糖尿病

高血圧と並んで多いと言われている糖尿病。糖尿病の原因や特徴、脳梗塞との関係について考えてみましょう。

糖尿病の原因や特徴

糖尿病は、血液中の糖分の値が高くなってしまう病気で、血糖値を下げる働きをするインスリンの分泌量が減ったり、働きが悪くなることで起こります。

インスリンはすい臓の一部で作られるため、すい臓の機能が元々弱い方などは、お子さんや若い人でも糖尿病を発症することがあります。

また、過食や運動不足、肥満などを原因として、中高年以降に発症することが多く、このケースは生活習慣病として知られています。

糖尿病は、初期の段階ではそれほど自覚症状がありませんが、中等度以上になると、喉の渇きや尿の量の増加、疲れやすさや体重の減少などの症状が表れることがあります。

糖尿病の「第4の合併症」が脳梗塞

脳梗塞は、糖尿病の「第4の合併症」といわれています。

脳梗塞とは、脳の血管の一部が狭くなったり血栓が詰まったりして、血液が流れにくくなって脳機能にダメージを与える病気です。死亡者数は年間7万人にものぼるほど。死を免れても運動や言語の機能に障害が残りやすくなります。

欧米の研究者が近年の日本人を対象に調査したところ、糖尿病の人の脳梗塞のリスクが高いことが判明しました。正常な血糖値の人の脳梗塞発症リスクに対して、糖尿病の人のリスクは男性で2.2くらい、女性だと3.5くらいまで一気に上がります。

脳梗塞については、普段からの予防を心がけておきましょう。糖尿病の人はとくに血糖値を徹底管理し、悪化させないことが大事。糖尿病を放っておくと「糖尿病性網膜症」「腎症」「神経障害」といった3大合併症を起こしやすくなります。

3大合併症が目や腎臓、手足などの細い血管で発症して次第に進行するのに対して、脳梗塞の場合は脳の細い血管だけでなく、太い血管で突然発症します。最悪、命にかかわることも。決して油断できません。

動脈硬化が進行して発作が起こる

糖尿病の人はなぜ、脳梗塞などの病気になりやすいのでしょうか。脳梗塞も心筋梗塞も、原因は動脈硬化です。動脈硬化を起こすと血液が流れにくくなって発症する病気で、糖尿病はその動脈硬化の進行を早めてしまいます。

動脈硬化が進行すると血管のスペースがなくなり、血栓ができやすくなります。血栓で血流がせき止められてしまうと、その先の細胞には酸素や栄養が届きません。細胞の末路は「死滅」。これが「梗塞」といわれます。
脳や心臓の細胞は再生しません。梗塞のため、死滅した細胞が担ってきた働きは復活せず、後遺症だけが残ってしまいます。

糖尿病になると動脈硬化が起きやすい

動脈の断面は、内膜と中膜、外膜の3層です。動脈硬化が進む原因は、大量のコレステロールです。

大量のコレステロールが内膜に入り込み、本来は水溶性のたんぱく質がコレステロールを取り込んで「リポたんぱく」へとかたちを変えます。酸化したりブドウ糖が結合したりしたリポたんぱくは、内膜に蓄積されプラーク(粥腫=じゅくしゅ)と呼ばれるかたまりを形成。糖尿病があると、コレステロールが高くなくても動脈硬化が進行していくのです。

最近では糖尿病ほど血糖値が高くない「予備群」段階でも、動脈硬化が進行し始めることが、注目を集めています。

恐怖!動脈硬化は自覚症状なしに進行する…

動脈硬化が起きても、血管断面積の100%近くをふさいでしまうまで、自覚症状がありません。しかも血管内にできるプラークは、あるレベルの大きさに達すると徐々には大きくならないのです。

突然破裂して一気に血栓をつくってしまいます。その結果、血管内部をふさぐので、健康な人が突然、脳梗塞や心筋梗塞の発作に見舞われてしまうのは、自覚症状がないからです。

糖尿病と診断されたら…効果的な対策とは

生活習慣によって血糖値が上っていると診断されたら、まずは食事の内容に気を付けたり運動を行って生活改善を行いましょう。

食事については、塩分や脂肪分の多い食事を避け、摂取カロリーを制限することが基本で、ビタミンやミネラルを多く含む野菜や海藻を摂るように心がけます。運動を行うときは、ウォーキングなどの軽い有酸素運動から始めて、血糖コントロールの様子を見ながら負荷を上げていくようにします。

運動や食事療法でも血糖値が改善しない場合は、インスリン注射や内服薬による投薬治療を受けることになります。