わかりやすい脳梗塞の予防ガイド

わかりやすい脳梗塞の予防ガイド

脳梗塞の治療・リハビリ・再発防止のためのサイト

脳梗塞の予防ガイド HOME » 必ず知っておくべき脳梗塞のこと » 発症リスクが高い人の特徴 » ストレス

ストレス

仕事や人間関係などのストレスが私たちの体に与える影響について考えてみましょう。脳梗塞との関係や、どのようにストレスを回避すべきかなど、改善方法についても解説します。

体の不調の原因はストレスかもしれない!?

お仕事が忙しい方や、職場や友人、家族の人間関係などで苦労の多い方は、日常的に強いストレスにさらされていることが考えられます。

現代社会に生きるほとんどの人は、何らかのストレスやプレッシャーを感じながら生活しているわけですが、そのストレスが受け止められる範囲を超えてしまうと、SOSサインが体や心の不調となって表れることがあるのです。

主な症状としては、肩こりや疲労感、脱毛、頭痛や不眠など。ほかに、気分の落ち込みやイライラ、集中力の低下や生活の乱れ、過剰な飲酒や喫煙、暴飲暴食などに現れる場合もあります。

原因不明の体調不良が起こったら、ストレスが原因なのでは?と疑ってみても良いかもしれません。

ストレスと脳梗塞の関係

強いストレスを受けたことに起因する体調不良は、一過的な場合が多いようですが、ストレスフルな状態が長引けば症状も長引いて、さらに悪化することに。自律神経が正常に働かなくなり、消化器や循環器の病気につながることもあるそうです。

血圧の調整ができなくなったり、血流が阻害されて、脳梗塞などの血管系の疾患を発症するリスクも高まります。

このように、ストレスを甘く見ていると重大な病気を招いてしまう危険もあることを認識しておきましょう。

ストレスが多いと感じたら…効果的な対策とは

適度なストレスは体を活性化させることもありますが、体調不良が現れるほどの過度のストレスは早々に取り除いた方が無難です。

ストレスを取り除く方法として、3種類のアプローチがあります。まず最初に、ストレスの原因となる問題を解決する、またはストレスからできるだけ遠ざかること。

次に、ストレスへ柔軟に対処できる方法や緩和できる思考を身に付けること。さらには、休息や睡眠を取ってストレスに対して過剰に反応しない体を作ることです。

ストレスそのものを取り除くことが第一ですが、それが難しい場合は、同じストレスを受けていても、対処できる思考や身体を作っておくことで、不調を感じずにやり過ごすことができるようになるはず。ストレスを上手にコントロールできる心や体を整えておきましょう。

 
このサイトは、管理人が独自に調べた情報をもとに制作しています(2017年7月時点)。
健康食品などの情報は、必ず公式ホームページなどで確認するようにしてください。
また、脳梗塞の予防や治療については、医師の指示に従ってください。

わかりやすい脳梗塞の予防ガイド