わかりやすい脳梗塞の予防ガイド

わかりやすい脳梗塞の予防ガイド

脳梗塞の治療・リハビリ・再発防止のためのサイト

脳梗塞の予防ガイド HOME » 必ず知っておくべき脳梗塞のこと » 発症リスクが高い人の特徴

発症リスクが高い人の特徴

高血圧・糖尿病・心房細動など、脳梗塞が発症するリスクの高い人の特徴を詳しくまとめています。それぞれの症状と脳梗塞との関係性、なぜリスクが高まるのかといった理由についても必見です。

脳梗塞のリスクを高める要因

脳梗塞を起こしやすい人の特徴をまとめてみました。発症リスクを知ることは予防にも繋がるため、自分自身としっかり照らし合わせてみてください。

高血圧


高血圧のイメージ血管内を血液が通る際にかかる圧力を血圧と言います。数値では、最高血圧が140mmHg以上、あるいは最低血圧が90mmHg以上で高血圧症と診断され、専門的な治療が必要とされています。

高血圧になると血管に大きな負担がかかり、動脈硬化が促進。血管の柔軟性が失われ、閉塞したリ破裂しやすくなります。血圧が高い人ほど発症率は高まるため、適切な血圧対策が必要です。

糖尿病


糖尿病とは、血液中のブドウ糖量が常に多い状態のこと(高血糖)。高血糖状態が続くとブドウ糖が血管にダメージを与え、動脈硬化が促進。とくに、糖尿病患者は血管壁内にアテロームができやすいため、脳梗塞のリスクがより高まります。

糖尿病予備軍とされる境界域糖尿病・耐糖能異常などを持つ人も、正常な血圧の人と比べると脳梗塞の発症率は高くなるので注意が必要。発症を防ぐには生活習慣の改善と共に、血糖のコントロールが何より大切となります。

脂質異常症


脂質異常症のイメージ血液中のトリグリセライド(中性脂肪)や悪玉コレステロールが多すぎたり、善玉コレステロールが少なすぎる状態。かつては高脂血症と呼ばれていた症状です。

心筋梗塞の危険因子である他に、脳梗塞の原因ともなっていることが最近の研究によって分かってきました。高血圧・糖尿病と同じく自覚症状に乏しいのが特徴で、動脈硬化によって重篤な症状を引き起こします。

糖尿病患者・腎臓病・甲状腺機能低下症の合併症として発症することもあるので、該当者は注意が必要。また、女性は更年期になるとホルモンバランスの変化により、コレステロール値が上昇しやすくなるので気をつけましょう。

肥満


肥満と脳梗塞の発症は、関節的に関係しています。肥満は、高血圧・糖尿病・脂質異常症といった脳梗塞発症の危険因子と大きく関連しているからです。

とくに、内蔵脂肪型肥満を土台に、脂質異常症・糖尿病・高血圧の中でどれか2つを併発している、メタボリックシンドロームは要注意。動脈硬化が速く進み、脳梗塞・心臓病といった生命に関わる症状のリスクを急速に高めます。

心房細動


心房細動のイメージ心房細動とは、心房が1分間に100~150回以上不規則に振動する不整脈。脳梗塞患者の10~20%に見られる原因で、心原性脳塞栓の50%は心房細動によるものであるとされています。

加齢と共に心房細胞を持つ人は多くなり、60歳以上では2~4%に認められます。

心房細動が起こると心臓内の血液が淀んでしまい、血液が凝固しやすくなるのが特徴。できた血栓が血流によって運ばれ、血管に詰まって脳梗塞が発症するのです。予防法は生活習慣病・動脈硬化と同一ですが、加齢については対策が難しいため、日頃からの注意が必要となります。

高尿酸血症・痛風


プリン体と呼ばれる物質が過剰につくられたり、腎臓での排泄が十分に行われない場合などに、通常よりも血中の尿酸が濃い状態、つまり尿酸値が高くなっている状態を高尿酸血症と呼びます。さらに尿酸の一部が結晶化し間接に溜まり、炎症や痛みを起こした状態が風痛です。

尿酸が高まると血管では炎症が起こる他、腎臓の働きが低下することで、動脈硬化の大きな要因となります。さらに、老廃物を排泄する機能が弱まるため、脳梗塞のリスクが高まるのです。

喫煙


喫煙のイメージ喫煙をするとタバコに含まれるタール・ニコチン・一酸化炭素が体内に入り、全身の血管が収縮。そのため高血圧になりやすくなり、脳梗塞へのリスクも高まります。

1日に20本以上タバコを吸う人は、非喫煙者に比べて男性で2倍・女性で4倍以上もリスクが高まると言われています。

 
わかりやすい脳梗塞の予防ガイド