札幌医科大学付属病院

ここでは、脳梗塞の治療実績で知られる「札幌医科大学附属病院」の情報を詳しくまとめています。

札幌医科大学附属病院の概要

札幌医科大学附属病院は、昭和25年に開院した歴史のある大学病院。脳神経外科の他にも、消化器内科や整形外科、婦人科、放射線科など計27の診療科を設置する道内有数の大病院です。

脳梗塞の診療を行っているのは、主に脳神経外科。また、脳梗塞の後遺症の改善を再生医療で目指す「神経再生医療科」も設置しています。

札幌医科大学附属病院の脳梗塞治療の特徴

日本で最も長い歴史を持つ脳神経外科

札幌医科大学附属病院に脳神経外科が設置されたのは昭和29年。日本で最も長い歴史を持つ脳神経外科として知られています。同診療科出身のドクターたちは、現在でも脳神経外科分野における国内のリーダーとして活躍。日本の脳卒中治療における中核的な役割を持つ診療科です。

「神経再生医療」で脳梗塞の後遺症からの回復を目指す

札幌医科大学附属病院では、他の多くの病院には見られない「神経再生医療科」という診療科を設置。患者本人の骨髄の中にある幹細胞を培養して増やし、静脈点滴により脳梗塞等の後遺症の軽減を目指す診療科です。国内にある多くの病院の中でも、極めて希少な診療科と言って良いでしょう。

脳梗塞再生医療の治験希望者を募集

上記「神経再生医療科」では、脳梗塞再生医療の治験希望者を募集しています。対象となる症状は、ラクナ梗塞以外の脳梗塞。手足のまひや失語症、意識障害等の後遺症にお悩みの方で、かつ治験に関心のある方は、自身が治験の対象となるかどうか病院までお問合せください。

札幌医科大学付属病院の患者から寄せられた病院の口コミ評判

先生と看護師さんのおかげで復職することができました

主治医となった先生がとても優しく、手術の説明も非常に丁寧でした。看護師さんたちは忙しいのに、一人ひとりの患者にとても親切で、入院生活も安心でしたよ。うわさ通り、とても対応の良い病院でしたね。おかげさまで復職することができました。感謝しています。

札幌医大があるだけで道民は安心できます

いざとなったら道内に札幌医大病院があると思うと、とても安心です。高度医療も積極的に行っている、信頼ある総合病院ですね。脳梗塞の再生医療も有名ですが、それ以外にも、肝胆膵外科、胃大腸外科、乳腺・甲状腺外科などの診療も最先端のようですよ。

緊急手術に対する対応が迅速でした

近くのクリニックからの紹介で、札幌医大で緊急手術を受けました。クリニックと医大病院との連携が迅速で、病院に着いたときには医師がテキパキと事前説明。段取り良く、すぐに手術に入りました。対応が迅速だったため、術後の経過は良好。昨日、無事退院しました。

診療科を超えたチーム医療体制がしっかりしています

診療科を超えたチーム医療体制がしっかりとしている病院ですね。原因不明の病気を患っていた友人を紹介したところ、各診療科の専門家たちがカンファレンスを開き、複眼的な視点から的確な治療を行っていました。道民への臨床・研究の啓蒙活動にも熱心です。

札幌医科大学付属病院の基本情報

クリニック名 札幌医科大学付属病院
院長 土橋和文
所在地 北海道札幌市中央区南1条西16-291
アクセス 地下鉄東西線「西18丁目駅」より徒歩3分
電話番号 011-611-2111
診療受付時間 9:00~17:30
休診日 土曜・日曜・祝日・年末年始
公式サイト http://web.sapmed.ac.jp/hospital/index.html