福岡脳神経外科病院

福岡脳神経外科病院
画像引用元:福岡脳神経外科病院公式HP
http://www.fukuokanh.jp/

ここでは、大学病院レベルでの脳卒中医療を、最高のホスピタリティーにおいて、24時間365日提供する、「福岡脳神経外科病院」の情報を詳しくまとめています。

福岡脳神経外科病院の概要

福岡脳神経外科病院には、脳神経外科、神経内科、(急性期)リハビリテーション科があります。

福岡脳神経外科病院のメリットは、しっかり最先端の設備環境が整っていることともいうことが出来ます。そこに、一番理想の機械を導入することが出来るから、患者さんのリスクを限りなく最小限に留めることが出来ます。

ハイブリッド手術室は、高性能なX線撮影装置など透視装置や、さらに手術寝台を備えた、血管内治療に最適化な手術室です。血管撮影装置(シーメンス社 Artis Q BA Twin)は、脳動脈瘤、脳動静脈奇形といった血管病変に対して、負担の少ない脳血管内治療(カテーテル・インターベンション治療)を行う機械です。

4K 3D ビデオ技術搭載の手術用顕微鏡システム「ORBEYE(オーブアイ)」は、細かい神経や血管などを、拡大・立体的にして、より手術しやすい環境を作るマシーンです。

福岡脳神経外科病院の脳梗塞治療の特徴

わずかな症状も見逃さずに診察

脳梗塞という病気はラクナ梗塞・アテローム血栓性脳梗塞・心原性脳塞栓症・その他の脳梗塞に分類することが出来ます。ラクナ梗塞は脳の小さな血管(穿通枝)の閉塞により起こる病気です。アテローム血栓性脳梗塞は、頭蓋内外の主幹動脈のアテローム硬化した症状です。

心原性脳塞栓症は心臓内に形成された血栓が頭蓋内や外の血管に対して飛び血管を閉塞し起こります。一過性脳虚血発作(TIA)(脳、脊髄、網膜の局所的虚血で起こる一時的神経学的機能障害)に対しても見逃さない配慮が必要です。急性脳梗塞はともなわず、麻痺や言語障害が起こるものの回復するため、比較して安心してしまう傾向があります。このような症状も見逃さないで、すぐに受診する姿勢をいつも持つようにしましょう。

脳梗塞は早めの治療が大事

脳梗塞に対しては、超急性期の治療が大事です。発症してしまい、治療のスタートのスピードが早いほど、命が救出される確率を高めることが出来、後遺症のリスクも最小限に留めることが出来るでしょう。

もし、発症から4.5時間以内に留めることが出来ていれば、血栓溶解療法(rt-PA静脈注射)が行われます。ここでは血栓溶解療法と同時に、脳血管内手術(血栓回収術)を行っていきます。更に、発症から6時間以内であれば、血栓回収術を行って行きます。

脳・頸動脈主幹動脈狭窄では、血管内手術(ステント留置術)や頭蓋外・内バイパス手術(浅側頭動脈・中大脳動脈吻合術)を行います。更に必要に応じて、抗血小板薬や抗凝固薬の内服をします。直接作用型経口薬(DOAC)は、 脳梗塞の再発予防をすることが出来、副作用のリスクも比較的減少させることが出来ます。心房細動には薬物療法(抗不整脈薬・抗凝固薬)やカテーテルアブレーションの方法が取られます。

福岡脳神経外科病院の患者から寄せられた病院の口コミ評判

口コミの記載はありませんでした。

福岡脳神経外科病院の基本情報

クリニック名 福岡脳神経外科病院
院長 相川 博
所在地 福岡市南区日佐5丁目3番15号
アクセス 大橋駅から西鉄バス(49番)博多南駅行き(約11分)、曰佐五丁目バス停から徒歩(約3分)
電話番号 092-558-0081
診療受付時間 8:30~12:00
休診日 日曜・祝日 *急患は随時受付いたします。
公式サイト http://www.fukuokanh.jp/